人気ブログランキング | 話題のタグを見る

七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館


重要伝統的建造物群保存地区として重厚な古い町並の残る美濃の町。川港を中心として産業商業が発達し、うだつの町並としても有名だ。

商家町の只中で河港へ通じる道筋にも沿ったところに「岡専旅館」がある。この町を初めて歩いたのは2001年で、まだ古い旅館にはあまり興味のない時分でありながら、うだつの連続する通りからふと横道にこの旅館の見える風景は印象深いものがあった。写真も複数撮影しており、それ以来ここを訪ねた時には泊りたいと思うようになった。

その後、残念ながら旅館業は休業しているとの情報を得て半ば諦めていたところ、毎年恒例の同志との会合の開催地として岡専旅館の名が挙がってきた。何でも最近になって営業再開に向けて準備しているのだという。古い旅館は一旦休業となると、そのままになってしまうパターンがほとんどと思い泊る機会は訪れないと思っていたが、朗報である。


そして当日。

実際玄関を潜って入ってみると通りから見るだけでは想像できない様々な姿を見ることができた。本うだつの上がった屋根をもつ表の建物から入ると、玄関周りは意外にも現代風な感じになっていた。昭和初期に改装されたといい、傍らの座敷は応接間的な一室か。一般的な旅館ではそこで客室のある座敷に上がるのだが、岡専旅館は一旦建物を突き抜け中庭のような場所に出、右手にある客室棟に入る構造になっていた。

そこからでもかなりの奥行きがある敷地である。

客室は中庭に面した廊下に沿って縦列に並び、階段を上った二階部分にも客室があった。室内のしつらえからすると、二階の部屋の方がやや格式高い印象である。

旅館の切り盛りは七代目という女将一人でされているように見えた。まだ営業再開も就任されても間もないためか、6人もの客はやや負担が大きいかにも見えた。しかし旅館の成り立ちなどの説明を受けて、長く続けていこうとされる強い熱意が端々に感じられた。

女将の説明によると江戸時代末期頃から塩問屋をされていたといい、中庭を挟んだ土蔵等の建屋は使用人が起居していたところなのだという。ほかに土蔵などもあり、建物全体のたたずまいは旅館というより商家といった印象であった。

食事は朝食のみであったが、それが一品一品手作りのもので予定時間より少し遅くなったことをしきりに恐縮されていたが、この朝食だけでも女将さんの人柄が垣間見えるような気がした。


この旅館の一番の魅力は何かと思うと、原形がよく保たれていて現代風に改築された様子がまるでないところだろう。再開して間もないからか一部使われていない所もあるようだった。今後老舗旅館として軌道に乗ったとしても、外向きの改装はせずに居てほしいと感じた。そして何より、奮闘される女将の存在である。宿泊から1年半以上になるが、ネットでは泊ったという情報を時折目にし、その度に姿が思い浮かんでくるようだ。

また機会を見つけ泊ってみたいものである。

2019.05.25宿泊)


七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18093841.jpg

岡専旅館の正面風景


七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18103570.jpg



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18105358.jpg

玄関回りの風景 



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18113807.jpg

中庭からの風景



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18121267.jpg

中庭と宿泊棟



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18121714.jpg

宿泊棟の廊下



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18124885.jpg

急峻な階段 建築当時そのままのようだ



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18131042.jpg

二階から中庭越しの風景 正面は塩問屋の名残とのこと



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18140797.jpg

泊った部屋の一つ



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18144965.jpg



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18143382.jpg

床の間の意匠



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18151470.jpg

屋根はほぼ原形のままのようだ 



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18164996.jpg

このような光景も



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18171093.jpg

朝食時の風景 このほか手作りの献立が並んだ



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18174105.jpg


# by mago_emon3000 | 2021-02-21 18:23 | 東海・北陸の郷愁宿 | Comments(0)

炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋


虹の松原に海岸線が縁どられ、松浦川河口を挟んで城跡を望む唐津の町。城下町として発展したこの町は古い町並が残り、著名人の邸宅、老舗旅館など歴史を感じる建物も多い。

松浦川河口近くの左岸側に旅館・綿屋がある。明治9年に今とは別の場所で料亭として創業し、昭和8年に現在の建物で旅館として開業している。

この建物はもともと炭鉱主であった田代氏の別邸として明治後期に建てられたものであり、本館と洋館は登録有形文化財となっている。

泊ったのはその洋館部分であった。田代氏別邸時代の名残を伝えるもので、玄関に向って右側、角屋のようなこじんまりした続棟となっており、屋根は同じ瓦葺きであるが下見板張り調の洋風の外観となっている。今は閉ざされているが側面に扉があり、客人はそこから通されていたのだという。

洋室は面積23m2で、一般的なホテルの部屋よりはかなり広い。賓客を迎え入れた間だけあって、例えばドアや窓の取り付け部の設え一つとっても、何度もカンナ掛けされ時間と手間をかけて造られたことがわかる。伝統的旅館の中にあって、建物本来の歴史を物語るこの部屋に泊ることもひときわ味わい深いものがある。




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16001338.jpg

綿屋旅館の玄関を望む 右に少し見えるのが洋館部分




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16002028.jpg

専用の扉(現在は閉鎖)のある洋館部分




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16005535.jpg

玄関回りの様子




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16020826.jpg





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16021339.jpg



炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16021657.jpg

洋館の内部





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16022276.jpg

洋館の窓周りの意匠





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16053192.jpg




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16053580.jpg

本館館内の様子



この綿屋旅館は温泉旅館を名乗っている。湧出しているのではなく掘り当てたものではあるが、洋室の真向かいに露天風呂の入口があり、夕刻を迎え薄暗くなる外の風景を眺めながら贅沢な気分であった。本館の客室奥には男女別の浴場もあり、翌朝そちらに入ると唐津城を眺めることもできた。

夕食は部屋食で、この格式ある洋室での部屋食というのもまた一風変わった趣で、優雅な時間であった。呼子産の烏賊シューマイ、佐賀牛の陶板焼きなどを地酒とともにいただくことができ、質量的にも満足だった。

和室は意匠も部屋ごとに異なるという。申し込めば見せてもらえたとは思うが、他の客もあり、また施錠もされているようだったので内部の見学は遠慮した。また泊る機会があれば、今度は和室に宿泊したいものである。

2021.01.03宿泊)




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16055474.jpg

露天風呂





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16061898.jpg




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16062282.jpg

夕食の献立の一部





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16063910.jpg

本館二階から見た玄関先の風景





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16065482.jpg

松浦川対岸から見た綿屋旅館




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16065740.jpg


# by mago_emon3000 | 2021-01-31 16:14 | 九州の郷愁宿 | Comments(0)

石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館


伊香保温泉は草津温泉とならび上州を代表する温泉地で、首都圏を中心に多くの宿泊客・訪問客を迎え入れる。この温泉場を象徴する石段街の両側に旅館や土産物屋が並ぶ風景を辿り、その頂付近、派生する路地を辿るとひときわ目を引く木造多層階建の旅館が見えてくる。

この「横手館」は江戸中期の元禄年間に創業したという大変歴史深い老舗で、本館の建物は大正9年竣工、堂々たる木造4階である。建物の平面的な形は、玄関が奥まった位置にあり、左右の客室部分が前側に張り出したような形となっているため、より立体的・迫力的に感じる。各部屋の窓も大きく、特に夜各部屋に明りがともった情景は絵になる。

一方で、館内は現代の宿泊客にも対応した改装が随所に行われていた。有名温泉地の旅館であるので、古めかしいままではさすがに一般のお客からは苦情も出兼ねない。我々にとっては極力建築当時のままがよいとはいえ、そこはある程度妥協せねばなるまい。しかし、木材を豊富に用いた階段や窓際まわりの造作は格式を感じさせる。廊下の部屋の表示板もいかにも昭和を思わせるものであった。

泊ったのは玄関寄りの二間続きの角部屋で、部屋の中からも建物の様子がよく見える特等室だ。今回は同好者との会合での宿泊。一人泊りではこの部屋は無理だろう。角部屋とあって二面に窓があることもあり明るい雰囲気であった。

広々とした大浴場で黄金の湯と呼ばれる特有の茶褐色の濁り湯に浸った後、味わった夕食は上州牛のすき焼をメインとした献立で申し分ないものであった。

食後に石段街を散策すると、宿到着前よりむしろ多くの客で賑わっていた。石段の坂道に面しては土産物屋や飲食店、路地には射的などもある。足下に気を付けながらも立体的に展開する温泉街、なかなか他では味わえない風情だろう。

「横手館」は石段街からは少し奥まった位置にあり、それらの喧騒とは無縁なのもまた旅館の格式を感じさせた。

翌日は各自自由行動であり、他のメンバーは早々に出発していったが、私は予定に余裕があったためもう一度黄金の湯にゆっくり浸かってから宿を出た。

2018.06.09宿泊)


石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13162966.jpg

狭い路地に存在感を示す横手館の建物



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13205580.jpg

玄関回り(右手二階正面が泊った部屋)



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13235234.jpg



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13234656.jpg

夜の横手館の外観



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13225694.jpg




石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13243507.jpg

廊下や階段の意匠



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13325346.jpg

レトロさを感じる部屋の案内板



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13241267.jpg

夕食の献立の一部


# by mago_emon3000 | 2021-01-02 13:34 | 関東・信越の郷愁宿 | Comments(0)

刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館


徳島県の西部、四国一の河川である吉野川はこのあたりでも広々とした流域風景で、平地・耕地を形成している。平野部の最も奥にあるのが池田の町で、その少し下流側に辻という町がある。徳島本線の駅が設けられているものの普通列車しか停車しない小さな駅だが、かつては祖谷地域の山間部からの物資が舟運に切り替わる要所として栄え、池田を凌駕する賑わいを示していたという。また煙草を筆頭に産業も盛んだった。

今ではひっそりとした町並であるが、所々に商家風の建物が残るなどかつての賑わいを感じることができる。

「勇楼旅館」はそのような古い町並の一角にあった。街路からはすこし控えたところに立派な立上がりの二階屋、奥に別棟を持つ構造だった。もともとは刻み煙草を扱う商家だったとのことで、手前の棟は明治27年頃、専売公社に移行するにあたってその補償で建てられたもので、その後昭和に入り旅館として買い取られた際奥の建物が建てられたという。今は棟続きとなっているが、全く性格が異なる建物である。



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18094546.jpg

旅館の外観 刻み煙草商だった主棟と右側に小さく見えるのが宿泊棟



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18095312.jpg

主棟から見る中庭 三本のカイズカイブキが印象的だ



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18100144.jpg

カイズカイブキの裏側には煙草商だった時代の門が残されている



この旅館一番の見どころは、商家だった手前の棟の2階にある。部屋に案内されたあと早速女将とその息子さんと思われる男性に案内していただいた。刻み煙草の商取引が行われていたところとのことで、狭く急な階段の上には二間続きの座敷があった。特に奥の座敷には立派な床の間をはじめ贅を尽くした意匠があちこちに見られる。床の間はケヤキの一枚板、床柱は黒檀、そして明り取りの窓があるのも特徴的で、それにも精緻な施しがある。梁ひとつとっても7本も細かく鉋がけした跡があり、非常に手間がかけられている。女将いわく、職人が煙管をくゆらしながら考え何年もかけてこしらえたもので、後でここの普請は私がやったのだと自慢できるよう、生きがいをもって取り組まれたとのことだ。

この一間だけでまさに文化財的価値があるものと思う。

またこの部屋から正面には立派な庭が見える。三本並んだ大木はカイズカイブキとのことで、昔学校の校庭の片隅に植えられていたのを思い出しても全く比較にならないほどの大きさである。木の裏側にあたる位置には刻み煙草商時代の門が残されていた。

泊ったのは奥の棟1階にある客室で、ここも昭和13年築そのままの伝統を感じる部屋であった。こちらの2階にも見どころがあり、それは100畳近くあろうかという大広間である。かつては町の結婚式というとここで行われるのが常で、学校の先生や役場の職員などとなると参列者は百名を超えたという。収容能力を上げるため舞台の一部を削って座敷を広げたとのは女将の話。また徳島自動車道建設時には作業員の宿としても大活躍したそうで、この大広間も仕切って泊る場所としたそうだ。

そのような時代ごとの数々の客を受け入れてきたこの旅館も、今では細々と営業されているようだ。ご家族での経営とはいえ維持は大変とのことであった。商談部屋を筆頭に、この町の繁栄を伝える証人のようであり、少しでも長く続いてほしいものと思いながら後にした。

建物そのものに色々感動する点が多いので食事のことがおろそかになったが、料理旅館と名乗られているだけあって、夕食・朝食共に宿泊料の割には質量ともに申し分ないものであった。

そういえば「勇楼」という屋号は、女将によると旅館を創業された方(又はその関係者?)が「はまいさみ(浜勇?)」という四股名の力士だったことに由来するとのこと。口頭でのやり取りだったので、定かな情報ではないが・・。

2020.11.22宿泊)





刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18101380.jpg

玄関より



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18102059.jpg

案内された部屋(宿泊棟の一階)



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_19372974.jpg

夕食の献立




刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18104151.jpg

本棟の二階は煙草商として商談が行われたところ




刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18104653.jpg




刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18104922.jpg

床の間の意匠 明り取りの窓があるのが珍しい





刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18105338.jpg

細かい所にも手が尽くされている



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18110312.jpg

二階の座敷襖に施された書



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18110638.jpg

二階への階段



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18112540.jpg

宿泊棟二階の大広間


# by mago_emon3000 | 2020-12-13 19:39 | 四国の郷愁宿 | Comments(0)

家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館

鳥取市の西郊外、湖山池の近くに開ける吉岡温泉。温泉街は真新しい共同湯が1軒あるほかは小さな旅館が主なささやかな温泉地である。

山陰の温泉地の中では今一つ影が薄い印象だったが、仕事の関係でこの近くを訪れる機会があり、後日1泊する可能性がありそうなのでどのような旅館があるか確認したのち共同湯に入って後にした。

ひと月後、その機会が訪れることとなり、改めてネットでの情報などももとに、「たから屋旅館」を選んだ。最近改装され、ある意味客受けが良い外観になっているが、内部は昭和の温泉旅館らしい姿というところと、家族経営の小規模な旅館というところに眼がとまった。

温泉街のほぼ中央だが細い枝道沿いの静かな一角に「たから屋旅館」はあった。旅館の建物は戦後間もなくの建築で、案内されたのは小さな中庭を囲む廊下を廻って階段を昇った先にあった。表から見える建物とは別棟で、客室は主にこちら側にあるようだった。廊下や階段、部屋もシンプルな感じではあったが、あちらこちらに昭和の旅館らしいしつらえがあり、落ち着きを感じることができる。

女将さんによると、吉岡温泉には以前は200人ほどが泊れる大型旅館もあったとのことだが、現在は小さな旅館9軒でやっているのだという。それが逆に温泉街の風情を高める結果となっているのは、何だか皮肉なものだ。平日のこともあり、共同湯には人や車の出入りがある一方、旅館に泊る客はごく少ないようだった。「たから屋旅館」の客も私のみであった。

24時間かけ流しの湯をいつでも独占できるのは何とも贅沢で、計4回入った。弱アルカリ性の単純泉ということで肌触りよく、こういう場合、癖のない湯の方が有難い。

夕朝食とも質量双方十分なもので、満足の宿泊となった。いただいた食堂に並んだ椅子は10脚程度で、予約を取るといっても最大でもその程度の客数なのだろう。食事をしていると玄関を挟んだ反対側から子供の声が聞こえてきた。常に女将さんに接客いただいたのでご主人の姿は見えなかったが、お孫さんと思われた。三世代で生活されているようだが、宿はご主人と女将のみで回されているのだろう。

民宿の香りもする良い宿であった。

2020.11.04宿泊)


家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14342229.jpg

たから屋旅館の外観



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14352590.jpg



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14352907.jpg

玄関回りの様子



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14354061.jpg

案内された部屋の様子



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14382480.jpg



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14382714.jpg

あちこちに昭和の宿の香りが 階段は急だった



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14384885.jpg

24時間かけ流しの浴室



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14395562.jpg
坪庭風の小さな中庭 館内の良いアクセントとなっていた


家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14394057.jpg



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14394329.jpg
食事場所(夕食の様子)と朝食


# by mago_emon3000 | 2020-11-21 14:56 | 山陰の郷愁宿 | Comments(0)