人気ブログランキング | 話題のタグを見る

明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)


鳥取県中央部、倉吉の市街地から南西に5km余りの所にある関金温泉。田園から山懐に差し掛かろうとするところに小さな温泉街が展開している。1200年前の開湯ともいわれる古い温泉場で、無色透明の湯は白銀の湯と称されるが、成分は濃厚でラジウム温泉という放射能泉で、その含有量は国内2位といわれる。


近くで現場仕事の予定があり、帰りに関金の湯で汗を流して帰ろうと調べると、「鳥飼旅館」という宿が目に留った。明治時代に存在した三つの茶屋にそのルーツがあるという老舗で、源泉に近く、泉質も最も良いといわれる。


旅館は国道313号より東に少し入った山裾にある。周囲は温泉街のはずだが、営業しているのはこの鳥飼旅館のみのようで、あとは少し奥まった位置にある共同浴場・関の湯が日帰り客を迎え入れているのみのようだ。


夜の宿泊客の到着にも早い時間で旅館内はひっそりとしていた。ロビーから突当りを二階に上がり客室棟を抜け、一旦渡り廊下のようなところに出ると浴室の入口があった。他に客はなく、5・6人は入れそうな湯船には新鮮な湯が掛け流されている。湧出量は豊富なのだろうが、何だかもったいない気がした。暑い日で、長湯するとその後汗が止らなくなりそうなので入ったり上ったりを繰り返しながら適度に切上げたが、上質な時間だった。

もっと多くの客の訪問があってしかるべきと感じる良い湯であり旅館である。

(2023.08.03訪問)



明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09394236.jpg

鳥飼旅館の建物




明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09394747.jpg

ロビーまわりの風景




明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09395034.jpg



明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09395285.jpg

浴室 新鮮な湯が常にかけ流されている




明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09395529.jpg

温泉の説明板




明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09395755.jpg




明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09395921.jpg

客室棟の廊下




明治時代の茶屋に由来する老舗―関金温泉・鳥飼旅館(日帰り)_a0385880_09400121.jpg

さびれた雰囲気が漂う温泉街


# by mago_emon3000 | 2023-08-14 09:43 | 山陰の浴場 | Comments(0)

江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘


江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20100141.jpg



砺波平野南端を占める井波の町。要の位置に瑞泉寺が鎮座し、門前街が発達している。江戸初期に行われた寺の再建をきっかけに木彫彫刻が町の産業として定着し、木彫の町として知られる。現在でも多くの職人が住まい、町中にも店舗の看板をはじめ多くの彫刻作品がある。

予約している「東山荘」は、瑞泉寺の門から横道に入ってすぐのところ、まさに門前の位置にある。

旅館としては江戸前期の元禄期に遡るといわれ、寺を訪れる客を中心に代々受け入れてきた。今の建物は昭和初期築で、女将によると瑞泉寺の建て替え時の余材が使われたという。切妻造り平入のシンプルな造りながら、玄関先には銅板葺きの唐破風が見られるなど格式を感じる構えであった。


案内された部屋は玄関からそのまま廊下を進んだ突当りの12畳間であった。中庭に面するゆったりとした広縁があり、一階ながら開放感のあるつくりである。女将によると、この広縁の一部はかつて茶室として使われていたとのことだ。事前に宿泊記などを見ていると二階の瑞泉寺が正面に見える部屋へ宿泊したといった情報も見られたが、この1階の部屋も見事なもので、床の間廻りも手の込んだ意匠で見応えがする。当日は連休中ということもあり、家族連れをはじめとして他にも数組の客があるようだった。


私の到着が少し早かったからか、早めに入浴をと勧められた。当日は大変暑い日でまずは風呂で汗を流したいと思っていたので早速貸切で入らせてもらうことにした。地下水を使っているとのことで、ミネラル温泉と称されている。風呂場は手が加えられていたが、洗面所など他の水回りはほぼ建築当時そのままのようで、ちょっとした調度品にも手が込められた様子が見て取れた。


夕食は料理旅館を名乗るだけあり、端正かつ上品な食事内容であった。井波の地酒「若駒」とともに、部屋食でじっくりと味わうことが出来たのもありがたかった。旅館では宴会や法要などの料理も供されているようだ。


翌朝出発前、お客が出て空いた部屋をいくつか見せて貰った。二階正面の部屋は瑞泉寺とまさに対峙した位置にあった。光沢を放つ床柱からは長い年月大切に磨かれたであろうことが伝わり、欄間はまさに井波彫刻の粋を見る思いであった。


少し女将ともお話ししたが玄関の天井は屋久杉が使われているなど到着した時には気付かなかったさまざまなことを知る。傍らにはかつて呼ばれていた部屋名が記された板が掲げられていた。萩の間、月の間などとあり、高砂、井筒などと大相撲の部屋名を想起させる部屋名もある。実際先代は相撲好きだったという。昭和15年当時の料金表も掲げられ、宿泊特等七円、一等五円、昼食特等三円などとある。宿泊または飲食費の1割と、女中への心付けも規定されているのが面白い。「井波区域宿屋営業組合」とあった。

出発時改めて旅館建物の佇まいを見ると、木質感の高い外観が朝日を浴び風格を感じさせるものがあった。寺とともに刻んできた歴史もそう感じさせるのだろう。

(2023.07.16宿泊)


玄関先の風景




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20095526.jpg

玄関回り




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20095290.jpg

昭和15年当時の料金表が




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20094806.jpg

以前の部屋名を列記した木札




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20094505.jpg


江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20094323.jpg


江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20093778.jpg

案内された一階の部屋




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20093476.jpg

二階の部屋(1)正面側で瑞泉寺に向い合う



江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20093043.jpg





江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20092704.jpg




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20092163.jpg

二階の部屋(2)




趣ある階段




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20091664.jpg





江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20091343.jpg
洗面所と手洗いの扉




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20091043.jpg

夕食




江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20090719.jpg

朝食



江戸期から続く瑞泉寺の門前旅館―井波・東山荘_a0385880_20200898.jpg


# by mago_emon3000 | 2023-08-06 20:20 | 東海・北陸の郷愁宿 | Comments(0)

創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館

入善町は富山県の東部、富山湾に面するが比較的平坦な地形で穀倉地帯となっている。北陸街道とその枝道が通り宿駅も設置されていた歴史を持ち、北陸本線開通後は県東部の交通・物流の拠点の一つとなった。


「ちとせ旅館」は入善駅から徒歩1・2分の場所にあるいわゆる駅前旅館である。一見したところでは古い旅館のようには思えないものの、平屋の玄関棟の奥に二階建の客室棟が連なり、妻部を見せる建て方にはこじんまりした駅前旅館にふさわしい姿に思えた。


玄関をくぐると左手に食堂があり、奥に階段を数段昇って客室棟につながっていた。一階部に二部屋ほど、二階部は他の客もあるので全容はよくわからなかったが続き間が数部屋あるようだ。私が案内された二階の部屋は面白い配置で、廊下に二辺を囲まれ外は見えず、四畳半と三畳の続き間で隠し部屋のような雰囲気もある。思わず物置か何かだったかと聞いてみたが、当初から客室とのこと。なるほど改めて見るとしっかりとした木組の船底天井や、風流な欄間もある。失礼しましたと云ったところだ。


一通り回ってみると、特に1階奥にある二間続きの部屋は格式を感じるものがあった。続き間を仕切る襖にある書の存在がそうさせているからか。当旅館一番の賓客が訪れると、恐らくこの部屋に通していたと思われた。ただ当日は空き部屋のようだった。この部屋をはじめ、鍵のかからない部屋が多いからということもあるのだろう。

廊下にはかつて使われていたであろう箪笥などの伝統的な備品類が所々に置かれている。風呂やその他水回りを中心として現代の客に不便ないよう改装されている一方で、古いものも残し伝統を大切にされている様子がうかがえた。


食事は富山湾産の魚介類の刺身や蛍イカの沖漬といった地物も多く並び、これで二食付約7,000円なのだから、質・量に照らし合わせても十分すぎるものがある。


翌朝出発前に、少しご主人とお話することができた。初代創業者は様々な商売をされていたとのことで、旅館としては約80年前に創業され、建物も当時のままである。現在は3代目?のご主人(50歳前後)と大女将とで切盛りされているようだ。ネットの情報などでは名女将といった感想も聞かれたが、今は息子さんらしい新しいご主人に客対応を含め任せているように感じた。


当日は連休中であったが家族連れや個人客のほか、作業員風の客も見え、宿泊機関や食事できる施設の少ないところにあって重宝する宿のようだ。私も時折現場関係で宿泊することもあるので、こういう旅館が小さな町でも一つはあればとても助かると感じる宿であった。

(2023.07.15宿泊)



創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11364542.jpg

ちとせ旅館の外観




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11364282.jpg




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11363890.jpg

玄関から客室棟に向う廊下




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11363206.jpg


創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11362990.jpg


創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11362227.jpg

案内された部屋の様子




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11361727.jpg

1階奥の部屋




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11361323.jpg

2階の別の部屋




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11360945.jpg

夕食(このほか数点出て来る)




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11360500.jpg

朝食




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11360048.jpg

廊下(右に私の泊った部屋)




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11355606.jpg

廊下(左に二階の二間続きの部屋がある)




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11354720.jpg




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11354256.jpg

中庭を見下ろす廊下 古い箪笥が




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11353243.jpg




創業80年の駅前旅館―富山県入善町・ちとせ旅館_a0385880_11352395.jpg


# by mago_emon3000 | 2023-07-30 11:40 | 東海・北陸の郷愁宿 | Comments(0)

鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家



鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09114384.jpg

料理旅館梅家の外観




三重県伊賀地方にはかつて伊勢宮に向っていた街道が数多く横断しており、宿場町や街道集落が往時の面影を残しているところも多い。

そのひとつ、旧平田宿は上野の市街地から東へ10kmほど、田園地帯に現在もはっきりと街道集落の形が残り、古い町並が見られる。伊賀八宿の一つに数えられ、伊勢参りの客でにぎわったところだ。

桝形から少し西に今回泊る「料理旅館梅家」がある。街路に面した母屋は登録有形文化財となっている。玄関には「旅館 梅屋」と屋号が記されたガラス戸が。「まちかど観光案内所」との小さな看板もあるが、一見して旅館と判る外観ではなく意外と地味な印象である。


今回は同士の会合としての利用で、一番先に到着した私はご主人から少し建物を説明して貰った。

創業は明治27年というので130年ほどになる。当初は平屋で商家(染物屋、何でも屋?)をされていたが、大正7年に現在の二階建てに改築された。その頃には旅館業を営むようになったという。客層は商人や長期滞在客が多かった。伊勢への客は鉄道やバスに移っていたのだろう。

今の玄関は後で造られたもので、当初は左右の端に門があり、客や住人は右から、使用人は左の門から出入りしていたとのこと。玄関先の物置のような戸を開けると、かつて母屋や門に使われていた大小の飾り瓦が保管されていた。

外観は二階部を中心に改装されているが、玄関を潜ると古い商家そのものといった雰囲気だった。長火鉢が置かれた帳場、調度品も歴史的なものばかりで、大正時代宿をはじめられた頃とさほど変わらぬ風情のように思えた。土間にも珍しいものが。木製の蓋の下には貯蔵庫があり、野菜類などを貯蔵するために使っていたとのこと。奥にはかまども見られた。タケノコを煮る時などに今も使っているという。

我々が泊る宿泊棟は街道に面した建物を突き抜けていったん中庭に出、奥の二階建でこちらは平成初期頃に建てられたとのこと。二階に三間続きの小ざっぱりした居心地の良さそうな客室があり、一階は食堂と宴会もできる広間があった。裏側はもう建物がなく、水田が広がるばかりである。


この旅館の名物は鯉料理で、ご主人によると上野城主であった藤堂氏の紹介?ともいわれ、宿泊業をされる前から続いているのだという。慶弔時の会食なども出されており、どちらかというと宿泊よりこの鯉料理が中心のようだ。鯉は中庭にある池から取り上げ調理するので鮮度抜群で、夕食は鯉の洗いや煮つけをはじめ、鰻の入った小鍋など質量ともに十分な内容であった。ご主人の話によると、鯉は必要な分ほどを仕入れて池に放っておくのだが、身を綺麗にするため3か月ほど池に入れておく必要があるという。池は近くの農業用水から引いているため、水を通さない冬場は営業しない(できない)のだという。


夕食後、ご主人から色々お話をお聞きした。古い建物を守るための行政的な問題など苦労も多いとの内容で、その中で街路を挟んだ向かいの家が壊され更地となったことで、雨風が直接吹き込み建物の傷みが出やすくなったとの話が印象的だった。このような古い町並内の建物も、微妙なバランスの上に成り立っているということだろう。

全体として、ご主人の言葉にはその端々に古い建物、地元のこの町に対する愛情あふれるものであった。


翌日、メンバーの要望により街道沿いの母屋を見学することができた。二階部には街道に面し二部屋、奥にも控えの間がある。1階の帳場奥にも立派な座敷があった。今は客を入れていないので色あせている部分もあるだろうが、床の間の天袋には金箔が配され、太く逞しい床柱、屏風などそれだけでかなりの価値があるものが残されている。家紋の描かれた提灯箱もあった。

この貴重な造りや品々が客の目に触れることなく埋もれたようになっているのは残念に感じるが、消防設備など客室として使用するには色々と制約が多いとのことで、現在は宿泊も会食も奥の棟を使っているとのこと。


その後平田宿の町並を案内いただいたりして、ご主人には大変お世話になったことを改めて感謝いたします。

(2023.06.03宿泊)




玄関付近の風景




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09113856.jpg

奥の宿泊棟




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09113612.jpg

泊った部屋(三間続きの部屋)




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09113356.jpg

鯉料理が主体の夕食




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09113011.jpg

朝食




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09112752.jpg

街道沿い二階正面の客室




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09112534.jpg

母屋の階段





鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09112198.jpg

母屋より宿泊棟を望む(左の屋根下付近に池がある)




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09111988.jpg

街道沿い一階の座敷




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09111692.jpg

一階座敷の襖




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09111418.jpg




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09111116.jpg

一階座敷 提灯箱が見える




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09110788.jpg



鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09110458.jpg

現役のかまど




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09110067.jpg

この下に野菜の貯蔵室があるという




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09105870.jpg




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09105672.jpg

以前使われていた門 蝙蝠の意匠が見られる




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09221329.jpg

保管される飾り瓦




鯉料理で知られる街道沿いの宿-伊賀市平田宿・料理旅館梅家_a0385880_09202464.jpg


# by mago_emon3000 | 2023-06-25 09:23 | 東海・北陸の郷愁宿 | Comments(0)

長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋



長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15575347.jpg
井谷屋本館の建物



桜井市の市街地から東へ、大和盆地が尽きる所にある長谷寺とその門前街。長谷寺は豊山という山号を有し、真言宗豊山派の総本山として位置づけられ、多くの参拝客を迎え入れている。門前街も大きく、寺に近い辺りには土産物屋や旅館、そこから西に折れて長々と商店や商家群が古い町並として連なっている。


旅館・湯元井谷屋は後者の比較的静かな一角にある。街路を挟んで南側に築140年を誇る本館、向いに大浴場のある新館の二館構成で、小さな旅館主体の門前街にあってかなりの収容力を持つ宿だ。もちろん私は本館指定で予約を行った。

宿泊当日朝、近鉄電車で来られるなら駅に着いたら電話してもらうと迎えに上がります、とご丁寧に連絡をいただいた。当日はかなりの大雨で、予定を少し早めて15時過ぎに駅から連絡を入れると、程なくワンボックス車で迎えに来てくれた。

宿泊の手続きは新館で行うようになっており、また入浴などで本館新館を行き来することになる。その点はやや不便ではあるが下駄と赤いオリジナルの傘が準備されており、粋な計らいといえる。


案内されたのは本館2階の最も西側に位置する部屋だった。正面は門前街、奥の広縁からは中庭が見え、緑の植込みの向うに土蔵が見える。聞くとこれらも旅館の所有という。椅子に座ってみると風情ある窓外の眺めでまずはしばらくここで時間を過した。早着もあって贅沢なひとときではあるが、雨音がせわしなく、またテレビを付けてみると大雨情報がしきりに流れていた。

本館内を一通り歩いてみると、室内外とも大きく手が加えられていない様子で原形が良く保たれ、老舗らしい内装である。フロントをそのまま奥に進むと坪庭があり、そこにも取り囲むように客室があった。


宿は湯元の名の通り温泉旅館でもある。新館入口には「千人風呂」との表示がある。本館裏の山に湧くということで、大浴場もあるということは湧出量も多いのだろう。フロントロビーから廊下を延々と辿り、途中から坂道になったりして突当りまで進むと、そこから左に折れ最後に階段を昇った所に浴場があった。随分奥行深い敷地であり、また地形に沿って建物が造られているのがわかる。

千人風呂というにはやや無理があるやに思えたが広大な風呂場で、しかも時間が早いからか私一人のみであった。肌触りの良い湯にしばらく浸った後窓外を眺めると、門前街の屋根瓦の連なりの向うに山々と、川の対岸の長谷寺駅が見渡せた。


食事は夕朝食共に部屋食であるのも落着ける。新館では何組かの客を見たが、本館の客は私のみのようで事実上一棟貸切状態である。何とも贅沢な宿泊だ。会席風の夕食は私の予想を上回るもので、そのためビールとともに大和の利き酒セットというのを追加注文した。冷酒三品の組合せで、こちらも料理によく合う。大和鴨の鍋物をメインに料理の一品ずつに手を込めたさまがわかり、また食器へのこだわりも感じられ、この老舗の宿にふさわしい食事内容に思えた。


翌朝、この時期の早い夜明けに門前街を往復した後長谷寺の朝の勤行に参列した。前日から宿に勧められていたものだが、荘厳な儀式で身が洗われるようであった。その後の講話で、昨晩は深夜に地域内でがけ崩れがあり、一帯が一時停電していたとのこと。町裏の大和川も轟々と濁流が渦巻いていてかなりの大雨であったのだろう。鉄道にも大きな影響がなく予定通り宿泊でき出発できたのは幸運といえる。

旅館に帰着後予定していなかった朝風呂に入ったこともあり、朝食、出発とやや慌しくなってしまったが、不満な箇所はほぼなく充実した宿泊だった。

(2023.06.02宿泊)




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15575025.jpg

本館フロント周り




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15574839.jpg




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15574572.jpg

案内された部屋




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15574367.jpg

床の間に沿って見事な一枚板がはめ込まれていた




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15574052.jpg

部屋の欄間




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15573755.jpg

広縁から眺める風景




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15573542.jpg




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15573142.jpg

二階部の廊下



長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15572815.jpg




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15572632.jpg

新館の外観とフロント周り




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15572324.jpg

新館の大浴場



長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15572040.jpg

大浴場に向う廊下に掲げてあった講札




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15571849.jpg

夕食




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_16130115.jpg
大和の利き酒セットの内容




朝食




長谷寺門前の老舗旅館-湯元井谷屋_a0385880_15571038.jpg

新館を側面から見るとかなり奥行きが深く複雑な造りであるのが判る


# by mago_emon3000 | 2023-06-17 16:15 | 近畿の郷愁宿 | Comments(0)