人気ブログランキング | 話題のタグを見る

幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館



西舞鶴・東舞鶴と呼ばれるように東西二つの市街地を持つ舞鶴市。そのうち田辺城の城下町・港を背景にした商業町として発展した西舞鶴がより歴史の古いところである。

城下町としての古い街区は高野川の河口付近で、特に右岸側に廻船問屋や商家が建ち並んだ。現在でも古い町並として残っており、繁栄の歴史を伝える証となっている。

その一角に本日の旅館「茶又」さんがある。商店街の方向から向かうと突当りに厳かな佇まいが見えて来る。外観的に特徴的なのが表からは玄関が直接見えず、瓦の葺かれた門と塀が構えられれていることだ。


16時過ぎ頃に向ったが既に到着されている客がある模様で、いずれも一人客のようだ。

出て来られた女将さんに早速案内いただく。表からはわかりにくいが、旅館建物は廊下でつながった二棟となっており、間に小さな中庭があり金木犀がたくさんの花を咲かせていた。二階向って左奥の部屋を案内され、襖を開けると三畳間があり、左に六畳間が続く間取りとなっていた。


御茶を持ってこられたのを機に色々宿のお話を聞くことが出来た。旅館としての創業は江戸末期にまで遡り、当時は田辺城の正面から続く通りに面した一等地であったという。しかし、第二次大戦時に難を蒙ることになる。空襲による延焼を避けるため、この付近一帯が建物疎開の対象となったのだ。結果的には空爆を受けることはなかったが、その時点で築80年は超えていた建物はあっけなく取り壊されてしまったという。

戦後になって復興が進むとご主人は全く同じ形で再建を試みたものの、新しい街路計画により表側の一部が公道に取られたとのことで、玄関先に塀がある理由もそこにあるように思えた。

しかし、以前は周囲にも何軒か宿屋があったものの、戦後旅館として戻ってきたのは当館だけだったこともあり、それから当面の間旅館は黄金期で商人宿として繁盛することになった。当時、大阪方面からの往来は高速道などなく急行列車などによったので時間もかかった。商人たちは、売り込みのために何泊か、販売・商品の届けのために一泊、集金してまた一泊と、ひとつの商いをするのにこの町に何泊もした。贔屓の顧客も多く忙しかったそうだ。息子さんが60歳くらいと言われていたので既に80代と思われる女将は、その頃から忙しく立ち働かれていたようだ。


今は食事の提供を止められ、客も今日のような個人客がほとんどであり、気ままにのんびりとやっているといわれていた。私は食事の提供がある宿では食事つきを希望するが、食事時間を気にして動かなくてよい素泊りも気が楽な宿泊ではある。地の物を出してくれる居酒屋でもないかと探すのもまた楽しいものがある。近くに有名な古い銭湯があり、そこと旅館泊とのセットで来られる客が多いのだという。それも私はチェックしており、一通り旅館のことを把握したら出掛けてみることとしたい。


お茶を頂きながら裏手の高野川を見ると、対岸では河川の拡幅工事か作業機械が置かれている。旅館の創業の頃は、この付近まで廻船や商船が往来し、賑やかだったに違いない。

一通り廊下を伝って二階部だけ回ってみると、他にも二間続きの部屋もあるなど案外多くの客室がある。

多くの旅館でそうだが、表から見るよりは案外多くの部屋数・収容能力があり驚く。ただそれら空室の様子から、一日に多くの客は取られていない様子だった。


朝、御主人らしき男性を見掛けたがほぼ女将一人で切盛りされているようだ。息子さんはと尋ねたが、後を継がれるかどうかははっきりしていないような答えだった。波乱の歴史を歩んできた宿、銭湯ともども大変貴重なものであり、少しでも長く続けてもらいたいと伝えて後にした。

(2023.10.21宿泊)




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11191675.jpg



幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11191443.jpg

旅館の正面




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11191123.jpg

玄関前の門と塀




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11190995.jpg




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11190778.jpg

玄関の様子




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11190428.jpg




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11190267.jpg

案内された二階奥の部屋




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11190084.jpg

部屋からの高野川の風景




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11185548.jpg




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11185240.jpg

二階奥の別の部屋




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11185030.jpg





幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11184593.jpg




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11184706.jpg

階段と一階の廊下




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11184279.jpg

高野川から宿を見る 判りにくいが中庭を挟んだ二棟になっている




幕末から波乱万丈の歴史を経て―西舞鶴・茶又旅館_a0385880_11183790.jpg


# by mago_emon3000 | 2023-11-05 11:25 | 近畿の郷愁宿 | Comments(0)

裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯



大分県の久住山系の北側付近には無数の温泉地があり、探訪のかたわらどこか1箇所日帰り湯を味わって帰ろうと思っていたところ、少しだけ遠回りになるが「壁湯」に立ち寄ることが出来そうで、そこに照準を定めた。この温泉場を知ったのは10代の頃に読んだ宮脇俊三著『汽車旅12カ月』で、今は廃線になった宮原線の乗車記録があり、その中にあった「大分県に入ると、宝泉寺という非常に俗化した温泉があり、つぎの町田の駅近くには裸電球の下がった露天風呂で混浴する壁湯という対蹠的なものもある」という一文だ。何故かこのくだりがずっと印象に残っていて、私だったらその壁湯と云うのに入って見たいなと思ったりした。


壁湯温泉という温泉地なのか、壁湯という露天風呂を指すのかが少々曖昧なようだが、ネットなどの情報だとどちらの表現もある。町田川の谷間にあり、18世紀前半の享保年間頃、怪我をした鹿がこの付近で湯に浸かっているのをみて温泉を発見し、源泉付近の岩を掘って洞窟状の浴場を造った、というのが始まりとされている。


今は「福元屋」という旅館が所有しており、宿泊客でなくても受付で日帰り入浴料金を払えば入ることが出来る。ちなみにこの旅館は「日本秘湯を守る会」に所属しており、趣ある外観に受付付近も渋いつくりで、機会があれば改めて泊ってみたい。


入浴料を支払い早速壁湯に向うと無人だったので、先に浴場の様子を撮影しておいた。現在も「裸電球の下がった露天風呂」そのものであり、本の記述そのままの姿は感動的だった。川の流れがすぐそばにあり、最近水害に遭ってしまい復活したのは最近だという。湯温は39度とぬるめで長湯向きである。


しばらくすると私より年長のご夫婦が入って来られた。奥さんはタオルを巻かれていたが、私はやや落着かず岩のくぼみの奥に入ったり浅いところに腰かけたりし、しばらくしてご主人に少し声をかけたところ何度かここに来られているとのことだった。それがきっかけで湯の湧き出し口を教えてもらい、岩の奥に足を入れて見ると分るという。言われた通りにしてみると結構な勢いで湯が湧いている感覚がある。見ると浴場からはかなりの湯が川に流れだしており、それだけ新鮮な湯がどんどん供給されているわけだ。風呂の底は天然の岩で凹凸があるもののその間はきれいな砂地で、湯が湧くことで粒子が動いている。まさに河床から湯が湧いているのがわかる。


30分以上入って最後に少し汗ばむ程度の心地よい入浴だった。真夏はぬるめと言っても汗が出るだろうし、冬場はぬるすぎる。この初秋の時期が長湯に丁度良い頃合いだ。

(2023.09.25訪問)



裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯_a0385880_14400874.jpg

旅館福元屋の外観 谷間に沿い複雑な構えを見せる




裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯_a0385880_14401117.jpg




裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯_a0385880_14401710.jpg

旅館福元屋の玄関回り 日帰り湯はここで料金を支払う




裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯_a0385880_14403079.jpg

露天風呂・壁湯への道



裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯_a0385880_14402468.jpg




裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯_a0385880_14402033.jpg

壁湯の風景




裸電球の下がった温泉露天風呂-大分九重・壁湯_a0385880_14402776.jpg

浴場の横はすぐ町田川の流れとなっている


# by mago_emon3000 | 2023-10-28 14:48 | 九州の浴場 | Comments(0)

看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館


看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15003185.jpg

川沿いに大柄な佇まいを見せる紅葉館の建物



城下町で知られる竹田市の北10kmほど、丘陵と谷間が交錯するところに位置する長湯温泉。直入町の中心でもあり、久住山付近から流れ下る芹川の谷間に小さな市街地が展開する。

川の左岸に旅館が固まっているが、繁華街や飲食街はなく一見温泉地とは判りにくいほど地味な風情が漂っている。

しかし小さな温泉場が数多くある中で、ここは泉質の良さが注目され遠方からの客も多い。屈指の炭酸泉といわれ、薬効も高く飲泉により内臓系の疾患にも効き目があるとのことで、前日泊った延岡市郊外の旅館女将も、以前は定期的にここまで温泉水を汲みに行っていたそうだ。


旅館群の中でもっとも目につくのが本日泊る「紅葉館」がある。川沿いに青い瓦葺きの大柄な主屋が印象的で、この本館は昭和8年築、隣接する新館と道を隔てたビジネス旅館風の別館とで構成されており、収容人数的にも当温泉地屈指の規模のようだ。もちろん私は本館の部屋を予約しておいた。

本館の建物は川沿いと市街地寄りの台地にまたがって建てられており、玄関が二つある。町側からは二階部より建物に入る構造になっていた。今はこちらが表玄関のように見えるが、本来は川沿いが正面玄関のようだ。入口の構えも大きく、年代物の階段も使い込まれ光沢を帯びていた。

部屋からは芹川の流れが望まれ、河原のガニ湯と呼ばれる露天風呂が正面に見下ろせる。ちょうど年配の男性と孫たちだろうか小学生くらいの男の子3・4人が入浴中だった。さぞ開放感抜群で気持ち良いだろうが、柵などは全くないので、部屋からは丸見えである。


本館の客室はこの川を望む面に並び、廊下の風情からどちらかというと湯治場の雰囲気を残すものであった。その思いを強くするのが一階部にある浴室である。一憩後早速向かうと、男女別の浴室の向うに貸切の家族風呂がある。今日は宿泊客が少ないようで、鍵を掛けて家族風呂に入って見ることにした。浴室はやや狭いものの、薄茶色に濁りのある湯が勢いよく浴槽にかけ流されていた。口にするとやや鉄錆風味の湯で、いかにも効果がありそうに思えた。浴槽縁には鉄分だろうかびっしりと析出物が付着している。しかし、身体に炭酸の泡が付着することはなかった。以前別の炭酸泉といわれる浴場で日帰り入浴した時はしつこいほど泡が付着したものだが。聞くところによるとこの温泉独特の複雑な成分との影響で、必ずしも付着するわけではないようだ。浴室内の壁に掲げられた説明板には泉質や効能などが毛筆体で書かれ、秘湯入浴の気分になる。

ぬるい湯なので30分以上浸っていたが、この旅館の湯は早期に引湯したこともあり特に良いのだそうだ。夕食後、早朝、朝食後と男湯と互い違いに計4度入浴した。


食事は新館1階の別室で頂くようになっており、当日は日曜日で本館にもう一人、新館に一組ばかりの客だけのようで、個室で味わうことができた。宴会用の大広間を仕切ったものらしく、小さな舞台やカラオケセットがある。豊後牛の鉄板焼、ドジョウの天婦羅などが特徴的で、鯉の洗いも美味だった。汁物も鯉こくで、鯉はこの辺りの名産なのかと女将に聞くと、特にそういうわけではないが近くで食事処も経営されていて、そこで川魚料理も提供しているのだそうだ。


夕食から部屋に戻る途中ふと廊下に猫が座り込んでいるのを見た。実におとなしい猫で見つめても少し撫でてもじっとしたままだ。女将によると、宿で飼っている猫で常連客やこの猫目当てで泊りに来る客もあるという。おとなしさが災いし、以前虎ばさみにかかってしまって鳴き声が小さいためなかなか見つけられずに、保護されたときには傷も深く随分痩せてしまっていたという。今後も穏やかに宿猫として全うしてほしいものと思う。

(2023.09.24宿泊)


看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15002836.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15001307.jpg

市街地側の玄関(二階部分にあり現在はこちらが表玄関のようだ)




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15002372.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15002039.jpg

川側の玄関と二階に向う階段




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15000884.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15000531.jpg

部屋からは露天風呂「ガニ湯」が正面に見える




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15000118.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14595366.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14595035.jpg

浴場(家族風呂・男湯)




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14593367.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14593878.jpg

浴場へのアプローチも趣深い




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14592923.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14592646.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14592234.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14591678.jpg

夕食 1枚目が最初の状態 豊後牛の鉄板焼とドジョウの天婦羅 鯉の洗い



看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14585286.jpg




看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14584730.jpg

宿の看板猫



看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_14591092.jpg
朝食



看板猫もいる昭和8年築の温泉宿-長湯温泉・紅葉館_a0385880_15063053.jpg


# by mago_emon3000 | 2023-10-14 15:07 | 九州の郷愁宿 | Comments(0)

地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋


地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11104475.jpg
旅館全景 左手前は食堂として増設された部分



延岡市から北に国道10号や日豊本線で大分方面に向うと、北川沿いの谷間となり所々に集落が点在する山間風景が展開する。雨の多いところで良質の杉材など林業が盛んで、周囲の山々も緑が深い。

市街から10kmほどで北川町の中心に達する。駅も設けられているが特急列車が通過するばかりでわずかな列車しか停車せず、バスも朝夕の2便のみで車でないとなかなか不便な所である。町並も支流との合流点付近にわずかな家が連なるだけの所だ。


そんな小さな町の一角に本日宿泊する「旅館本田屋」がある。鄙には稀なといっては失礼だが、小柄ながら伝統を感じさせる二階屋で、門構えも立派である。

旅館は昭和10年の創業で88年の歴史を持つ。女将さんに早速二階の部屋を案内いただく。街路に面して八畳間の二間続きが廊下を挟んで二部屋あり、階段を上って右側の部屋で一晩を過すこととなった。当日の宿泊客は私のみであった。この二部屋がメインの客室であり、同時に宴会場でもある。人数によっては廊下にも座布団を置いて大広間になったという。結婚式場としても使われたというこの場所は、いままでどれだけ数限りない賑わい、祝賀の場面となってきたことか

部屋には豪華な書院付きの床の間、柱や天井も聞くのを忘れたが良質の木材が使われていた。林業の盛んだったこの土地のこと、地元の最高級の材料が使われいるのだろう。


以前は付近に3軒ほどの旅館があったというが今はこの本田屋旅館だけで、最近の宿泊客は山林の調査関係、時々現場作業員などのほか、意外にも今日の私のような個人客が多いのだという。一人、5名ほどのグループなど今後も毎週末のように予約を受けているとのこと。都市部からも遠く、かなり不便な場所にあるこの旅館に泊りたい客が少なからずいるというのは驚きだが、しかしこの程度の客で宿が維持できるのかと心配ではある。女将と妹さんで切盛りされているとのことで、何とかなっているのだろう。


このように今では利用客も少ない零細な旅館となっているが、以前は相当繁盛していたことを女将さんから聞いた。現在は延岡市の一部となり町の拠点性は淡くなったが、単独自治体時代には町役場の職員、学校の教員、消防団員、さまざまな会合がここで行われた。また、今は閑散とした日豊本線の各駅にも国鉄職員が配置され、北川駅にも7・8人駅員が居たという。頻繁に宴会が行われ、そのまま宿泊されることも多かったとのこと。


部屋で大相撲を見て風呂に入って18時30分に食事場所に向うと、旅館建物の外に増設された食堂のような所だった。昼も営業されているのかと聞くと予約制でやられているとのこと。表の看板に夏は鮎、冬は猪とあったが、北川の上流側で獲れたという鮎の塩焼きが3匹も(朝も味噌を載せた焼物で2匹出てきた)、分厚い刺身その他数点が並び、何より大きな猪鍋に驚いた。野菜や豆腐などで煮込んだすき焼き風の鍋だが、ひと目見てとても食べきれそうにないと思い、申し訳なく思い先に女将さんに言うと、色々具材を入れているとどうしても多くなるとのことであった。残ったものを朝も出してもらったが、それでも食べきれなかった。しかし、猪の肉は意外にも脂身も少なく、臭みも全くなく美味だった。むろんこれも付近の山で捕獲されたものである。

芋焼酎なども頂きながら食事中、上に書いたような旅館のこと町のこと、その他にも色々お話したのに多くは忘れてしまったが、総括するととにかく昔は大層なにぎわいだったということだ。旅館前の通りも商店が建ち並んでいたらしい。夕方ざっと付近を歩き、また翌朝も散歩したが、出会った地元の人は夕食前に犬を散歩中の御婦人のみだった。かつては全く異なる町の風景であったのだろう。


なお旅館の部屋は表の二部屋のほか、山側に小さい部屋、女将さんが住まわれている続き棟に数部屋あり、山側の部屋は仕事利用の常連客が月曜から木曜まで滞在されるという。あの部屋空いている?と定期的に問い合わせがあって、その後しばらく滞在されるのがいつものパターンという。週末は帰られるとのことで、一般客とうまい具合入れ違いになっているとのこと。平日はそのお客の定宿としての役割を持っているようであった。

(2023.09.23宿泊)



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11103804.jpg

定食とある 夏は鮎 冬は猪がメイン



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11104186.jpg

玄関正面



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11103406.jpg
玄関奥の応接間



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11103095.jpg



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11102734.jpg



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11102412.jpg
案内された部屋の様子 8畳間の二間続き


地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11101942.jpg

隣の部屋 廊下を挟んで左右対称の間取りだった



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11101616.jpg

階段は昔ながらの急なものだが最近になり手が加えられている様子



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11101284.jpg

食堂部分(こちらで夕食と朝食を頂いた)




地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11100864.jpg

夕食 猪鍋は奥に写っているため小さく見えるが相当な量があった



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11100450.jpg

朝食



地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11100062.jpg




地域の賑わいの中心だった創業88年の宿-延岡北川町・旅館本田屋_a0385880_11095516.jpg



More

# by mago_emon3000 | 2023-10-08 11:19 | 九州の郷愁宿 | Comments(0)

創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯


佐田岬半島の南側付け根にあたる位置にある八幡浜市は交易港として江戸時代から町が発達し、それに伴い各種商業も起こり南予地域、宇和地域の北部における主要な都市として重要な位置を占めている。現在も、商業町・港町としての古い町並が広範囲に見られる。


私が最初に「大正湯」の建物を見たのは2009年で、八幡浜市街地の町並探訪を行った際目について撮影していた。下見板貼りの実に印象的な外観で、当時入浴はしなかったが古い銭湯がどんどんなくなっていく昨今のこと、以来気にかけていた。

2019年になって宿泊できるように内外装を改めるとの情報が入ってきた。一時休業していたそうだが、次々と暖簾を下ろされる浴場が多い中、何とも良い情報である。一度訪ねできれば泊ってみたいと思っていたところ、県内の島の探訪などの計画をからめて訪ねる機会を得た。最近は「泊れる銭湯」として結構知名度も高くなっているらしい。


14年振りに見る大正湯の建物は、外観的にはほぼ手は加えられず塗料が塗り直されただけのようだ。そこに創業当時の姿にこだわる姿勢が感じられた。男湯の暖簾をくぐると、50代くらいの女将?(宿泊施設でもあるのでこのように呼ばせてもらっても差支えなかろうか)と御母様である大女将が居られた。番台受付は最初大女将が、夕食から帰ってからは女将がされていたので交代で守られているのだろう。ちなみに銭湯の番台に座る人は、番頭というらしい。


早速簡単な説明を受けて二階の部屋に案内される。板敷きの8畳ほどの間で炊事場があり、床の間があったらしい区画もある。客室用に色々改装されてはいるがここで生活されていた様子がうかがえる。聞いてみると女将のお婆様がここに住んでおられたと。女将たちの住居は南隣にあって、夕食時にここにきて食事をされていたという。

客室は計3室あり、私の泊るこの部屋が最も広い。急ごしらえのような造りにも見えたが、ここはあくまで簡易宿泊所の扱いである。それもそのはず素泊りながら3000円を切る宿泊料金なのである。他の部屋は少し狭いので、まだ数百円は安い設定となっている。そのうえ、宿泊者は風呂に何度でも入ることができる。


 少し休憩し早速風呂に向うと2人の先客があり、久々の本格的な銭湯の浴感を存分に味わった。浴室の内装も富士山の壁画が綺麗に描き直され、一見古い銭湯のようには思えないほどであった。しかし浴槽は大きく手が加わっておらず、卵型のメイン湯舟に身を沈めると筋肉がほぐれ、暑中探訪の汗も流れ非常にほっとしたそして豊かな気分にさせてくれる。水風呂もあり、入口近くには改装時に増設したというサウナもあったが、私はちょっと苦手なので覗いただけで利用は遠慮した。

脱衣場のロッカー、そして改めて番台奥の靴箱などを見させて撮影させてもらったが、この辺りはほぼ創業時そのままとのことである。靴箱は鍵が壊れたところもあるが、あえて修理はしていないとのこと。


夜もう一度入ろうと考えていたところ外での夕食後は食事と酒類で満腹状態だったので入ることが出来なかった。朝風呂をやっておられたら、申し分なかったのだが。

この銭湯は市内の大正町にある。屋号の由来が町名かまたは創業の大正時代によるものなのか、聞こうとして忘れた。恐らく、当時はあちこちに銭湯があったのだろうからどこどこの湯と判るように、町名に由来したものではと思う。

なお、銭湯としての営業は22時までであり、以後番台は無人となり隣の住居に帰られる。翌朝は番台にある小箱に鍵を入れて退館するシステムとなっていた。

(2023.08.19訪問・宿泊)



創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20011402.jpg



創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20011251.jpg

大通りから少し入った住宅街の中にある大正湯の建物



創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20005288.jpg

脱衣所のロッカー




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20004962.jpg




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20004742.jpg




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20004338.jpg

浴室 富士山の絵は描き替えられたが古い銭湯の様子が良く残されている




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20004175.jpg



創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20003917.jpg

脱衣所の小風景




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20003697.jpg




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20003421.jpg

2階の泊った部屋 泊るだけなら十分である




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20003101.jpg

2階廊下 右手側が正面の通りとなる




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20002226.jpg

往時の急な階段が残されていた(宿泊客用には別に緩い階段もある)




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20010626.jpg




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20010459.jpg

番台の様子(翌朝)




創業100年の「泊れる銭湯」―八幡浜市・大正湯_a0385880_20104273.jpg
2009年当時の大正湯



# by mago_emon3000 | 2023-09-03 20:12 | 四国の浴場 | Comments(0)