人気ブログランキング |

石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館


伊香保温泉は草津温泉とならび上州を代表する温泉地で、首都圏を中心に多くの宿泊客・訪問客を迎え入れる。この温泉場を象徴する石段街の両側に旅館や土産物屋が並ぶ風景を辿り、その頂付近、派生する路地を辿るとひときわ目を引く木造多層階建の旅館が見えてくる。

この「横手館」は江戸中期の元禄年間に創業したという大変歴史深い老舗で、本館の建物は大正9年竣工、堂々たる木造4階である。建物の平面的な形は、玄関が奥まった位置にあり、左右の客室部分が前側に張り出したような形となっているため、より立体的・迫力的に感じる。各部屋の窓も大きく、特に夜各部屋に明りがともった情景は絵になる。

一方で、館内は現代の宿泊客にも対応した改装が随所に行われていた。有名温泉地の旅館であるので、古めかしいままではさすがに一般のお客からは苦情も出兼ねない。我々にとっては極力建築当時のままがよいとはいえ、そこはある程度妥協せねばなるまい。しかし、木材を豊富に用いた階段や窓際まわりの造作は格式を感じさせる。廊下の部屋の表示板もいかにも昭和を思わせるものであった。

泊ったのは玄関寄りの二間続きの角部屋で、部屋の中からも建物の様子がよく見える特等室だ。今回は同好者との会合での宿泊。一人泊りではこの部屋は無理だろう。角部屋とあって二面に窓があることもあり明るい雰囲気であった。

広々とした大浴場で黄金の湯と呼ばれる特有の茶褐色の濁り湯に浸った後、味わった夕食は上州牛のすき焼をメインとした献立で申し分ないものであった。

食後に石段街を散策すると、宿到着前よりむしろ多くの客で賑わっていた。石段の坂道に面しては土産物屋や飲食店、路地には射的などもある。足下に気を付けながらも立体的に展開する温泉街、なかなか他では味わえない風情だろう。

「横手館」は石段街からは少し奥まった位置にあり、それらの喧騒とは無縁なのもまた旅館の格式を感じさせた。

翌日は各自自由行動であり、他のメンバーは早々に出発していったが、私は予定に余裕があったためもう一度黄金の湯にゆっくり浸かってから宿を出た。

2018.06.09宿泊)


石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13162966.jpg

狭い路地に存在感を示す横手館の建物



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13205580.jpg

玄関回り(右手二階正面が泊った部屋)



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13235234.jpg



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13234656.jpg

夜の横手館の外観



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13225694.jpg




石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13243507.jpg

廊下や階段の意匠



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13325346.jpg

レトロさを感じる部屋の案内板



石段街の頂付近に位置する老舗-伊香保温泉・横手館_a0385880_13241267.jpg

夕食の献立の一部


# by mago_emon3000 | 2021-01-02 13:34 | 関東・信越の郷愁宿 | Comments(0)

刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館


徳島県の西部、四国一の河川である吉野川はこのあたりでも広々とした流域風景で、平地・耕地を形成している。平野部の最も奥にあるのが池田の町で、その少し下流側に辻という町がある。徳島本線の駅が設けられているものの普通列車しか停車しない小さな駅だが、かつては祖谷地域の山間部からの物資が舟運に切り替わる要所として栄え、池田を凌駕する賑わいを示していたという。また煙草を筆頭に産業も盛んだった。

今ではひっそりとした町並であるが、所々に商家風の建物が残るなどかつての賑わいを感じることができる。

「勇楼旅館」はそのような古い町並の一角にあった。街路からはすこし控えたところに立派な立上がりの二階屋、奥に別棟を持つ構造だった。もともとは刻み煙草を扱う商家だったとのことで、手前の棟は明治27年頃、専売公社に移行するにあたってその補償で建てられたもので、その後昭和に入り旅館として買い取られた際奥の建物が建てられたという。今は棟続きとなっているが、全く性格が異なる建物である。



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18094546.jpg

旅館の外観 刻み煙草商だった主棟と右側に小さく見えるのが宿泊棟



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18095312.jpg

主棟から見る中庭 三本のカイズカイブキが印象的だ



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18100144.jpg

カイズカイブキの裏側には煙草商だった時代の門が残されている



この旅館一番の見どころは、商家だった手前の棟の2階にある。部屋に案内されたあと早速女将とその息子さんと思われる男性に案内していただいた。刻み煙草の商取引が行われていたところとのことで、狭く急な階段の上には二間続きの座敷があった。特に奥の座敷には立派な床の間をはじめ贅を尽くした意匠があちこちに見られる。床の間はケヤキの一枚板、床柱は黒檀、そして明り取りの窓があるのも特徴的で、それにも精緻な施しがある。梁ひとつとっても7本も細かく鉋がけした跡があり、非常に手間がかけられている。女将いわく、職人が煙管をくゆらしながら考え何年もかけてこしらえたもので、後でここの普請は私がやったのだと自慢できるよう、生きがいをもって取り組まれたとのことだ。

この一間だけでまさに文化財的価値があるものと思う。

またこの部屋から正面には立派な庭が見える。三本並んだ大木はカイズカイブキとのことで、昔学校の校庭の片隅に植えられていたのを思い出しても全く比較にならないほどの大きさである。木の裏側にあたる位置には刻み煙草商時代の門が残されていた。

泊ったのは奥の棟1階にある客室で、ここも昭和13年築そのままの伝統を感じる部屋であった。こちらの2階にも見どころがあり、それは100畳近くあろうかという大広間である。かつては町の結婚式というとここで行われるのが常で、学校の先生や役場の職員などとなると参列者は百名を超えたという。収容能力を上げるため舞台の一部を削って座敷を広げたとのは女将の話。また徳島自動車道建設時には作業員の宿としても大活躍したそうで、この大広間も仕切って泊る場所としたそうだ。

そのような時代ごとの数々の客を受け入れてきたこの旅館も、今では細々と営業されているようだ。ご家族での経営とはいえ維持は大変とのことであった。商談部屋を筆頭に、この町の繁栄を伝える証人のようであり、少しでも長く続いてほしいものと思いながら後にした。

建物そのものに色々感動する点が多いので食事のことがおろそかになったが、料理旅館と名乗られているだけあって、夕食・朝食共に宿泊料の割には質量ともに申し分ないものであった。

そういえば「勇楼」という屋号は、女将によると旅館を創業された方(又はその関係者?)が「はまいさみ(浜勇?)」という四股名の力士だったことに由来するとのこと。口頭でのやり取りだったので、定かな情報ではないが・・。

2020.11.22宿泊)





刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18101380.jpg

玄関より



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18102059.jpg

案内された部屋(宿泊棟の一階)



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_19372974.jpg

夕食の献立




刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18104151.jpg

本棟の二階は煙草商として商談が行われたところ




刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18104653.jpg




刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18104922.jpg

床の間の意匠 明り取りの窓があるのが珍しい





刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18105338.jpg

細かい所にも手が尽くされている



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18110312.jpg

二階の座敷襖に施された書



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18110638.jpg

二階への階段



刻み煙草商時代の豪勢なしつらえも残るー徳島井川町・勇楼旅館_a0385880_18112540.jpg

宿泊棟二階の大広間


# by mago_emon3000 | 2020-12-13 19:39 | 四国の郷愁宿 | Comments(0)

家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館

鳥取市の西郊外、湖山池の近くに開ける吉岡温泉。温泉街は真新しい共同湯が1軒あるほかは小さな旅館が主なささやかな温泉地である。

山陰の温泉地の中では今一つ影が薄い印象だったが、仕事の関係でこの近くを訪れる機会があり、後日1泊する可能性がありそうなのでどのような旅館があるか確認したのち共同湯に入って後にした。

ひと月後、その機会が訪れることとなり、改めてネットでの情報などももとに、「たから屋旅館」を選んだ。最近改装され、ある意味客受けが良い外観になっているが、内部は昭和の温泉旅館らしい姿というところと、家族経営の小規模な旅館というところに眼がとまった。

温泉街のほぼ中央だが細い枝道沿いの静かな一角に「たから屋旅館」はあった。旅館の建物は戦後間もなくの建築で、案内されたのは小さな中庭を囲む廊下を廻って階段を昇った先にあった。表から見える建物とは別棟で、客室は主にこちら側にあるようだった。廊下や階段、部屋もシンプルな感じではあったが、あちらこちらに昭和の旅館らしいしつらえがあり、落ち着きを感じることができる。

女将さんによると、吉岡温泉には以前は200人ほどが泊れる大型旅館もあったとのことだが、現在は小さな旅館9軒でやっているのだという。それが逆に温泉街の風情を高める結果となっているのは、何だか皮肉なものだ。平日のこともあり、共同湯には人や車の出入りがある一方、旅館に泊る客はごく少ないようだった。「たから屋旅館」の客も私のみであった。

24時間かけ流しの湯をいつでも独占できるのは何とも贅沢で、計4回入った。弱アルカリ性の単純泉ということで肌触りよく、こういう場合、癖のない湯の方が有難い。

夕朝食とも質量双方十分なもので、満足の宿泊となった。いただいた食堂に並んだ椅子は10脚程度で、予約を取るといっても最大でもその程度の客数なのだろう。食事をしていると玄関を挟んだ反対側から子供の声が聞こえてきた。常に女将さんに接客いただいたのでご主人の姿は見えなかったが、お孫さんと思われた。三世代で生活されているようだが、宿はご主人と女将のみで回されているのだろう。

民宿の香りもする良い宿であった。

2020.11.04宿泊)


家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14342229.jpg

たから屋旅館の外観



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14352590.jpg



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14352907.jpg

玄関回りの様子



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14354061.jpg

案内された部屋の様子



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14382480.jpg



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14382714.jpg

あちこちに昭和の宿の香りが 階段は急だった



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14384885.jpg

24時間かけ流しの浴室



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14395562.jpg
坪庭風の小さな中庭 館内の良いアクセントとなっていた


家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14394057.jpg



家族経営の小さな温泉宿-吉岡温泉・たから屋旅館_a0385880_14394329.jpg
食事場所(夕食の様子)と朝食


# by mago_emon3000 | 2020-11-21 14:56 | 山陰の郷愁宿 | Comments(0)

尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家


尾道の旧市街地には幾つか老舗旅館が現役で営業している。私個人的にはなかなか泊ることのできないクラスの旅館だが、あるきっかけでそのうちの一つ「竹村家」に宿泊することになった。建物は登録有形文化財に指定されている。

観光客の往来も多い界隈からはやや外れ、向島を望む海岸の風光のよい一角に「竹村家」は格式ある佇まいを残している。戦後に建てられた別館と区別するため「竹村家本館」と呼ばれることもある。創業は明治35年、当初は洋食屋として開業した。大正7年店舗を全焼する火事に遭い、現在の建物はその後大正9年に再建されたものである。その頃から旅館業をはじめ、昭和に入ると和食もメニューに加えたとのこと。

通されたのは一階の二間続きの座敷であった。部屋から見える風景はほぼ遮るものなく尾道水道のみで、船が行き交う様子がそのまま見える。

夕暮れから夜の色が濃くなったころ始まった夕食は本格的会席料理で、一品ずつ説明付きで供される品々は大変手の込んだものであった。旬の松茸の土瓶蒸し、新鮮な魚介類の刺身、もと洋食屋だったことを伝えるビーフシチューも良質な肉が使用されていた。

このような旅館に泊ると私など恐縮してしまう方だが、割り切って存分に食事を楽しんだ。



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14285343.jpg

竹村家の外観 



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14292577.jpg

玄関先



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14340957.jpg



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14352032.jpg

泊った部屋の風景



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14312703.jpg

部屋から見る尾道水道



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14513358.jpg


客室は1階部分のみに5部屋程度で、2階は大広間のみなのだという。こっそりと覗くと、舞台には金屛風もしつらえられた大変豪華な部屋であった。折り上げ天井、壁には絵画や書が掲げられている。戸が閉められていたので見えなかったが、海側はもちろん一面に尾道水道が見渡せるはずである。

昭和28年の映画「東京物語」で尾道がロケ地となった際、小津安二郎監督や笠智衆、原節子といった出演俳優陣がここを宿舎としたという。そのときの写真やサイン等も一室に展示されていて、また同室には和食堂開始を知らせる昭和初期のチラシ、レジスターなど往時使われていたものなどが展示させており、旅館の歴史を知ることができた。

泊っての印象は、格式ある建物や内部の造りの様子に見応えを感じたことはもちろんのこと、女将をはじめとした宿の方の対応が、気さくな感じながらもやはり老舗旅館らしい格式と細やかな気遣いに溢れたものに思えた。

2020.10.24宿泊)



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14413377.jpg


尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14413910.jpg


尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14395828.jpg

館内点描 玄関を入ってすぐの部屋は応接室だったそうだ



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14385618.jpg

二階の大広間



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14363711.jpg



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14364048.jpg

夕食の献立の一部 もと洋食屋らしくビーフシチューも



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14381448.jpg



尾道水道に面する明治創業の老舗-竹村家_a0385880_14502680.jpg

昭和初期のチラシや映画「東京物語」ロケ時の写真等も展示されていた



# by mago_emon3000 | 2020-11-15 14:53 | 山陽の郷愁宿 | Comments(0)

宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館


智頭町は林業の町、古くは陰陽を結ぶ街道の宿駅が置かれたことで発達し、今も因幡地方内陸部の主要な町のひとつである。旧街道沿いには商家・大地主であった重文の石谷家をはじめ、宿場町時代の面影を残している。


街道沿いから一本西側の小路に面して「河内屋旅館」がある。こじんまりした外観が周囲の古い町並の風景に一体化しているようだ。玄関を覗くと、60歳くらいの男性が出て来られた。ご主人と思われたが85歳になられるという女将の息子さんで、手伝いに来ているとのこと。


案内されたのは街道に面した二階の部屋で、この正面の建物は比較的最近(戦後か)に改築されたもののようだ。女将の息子さんに少しお願いして簡単に館内を案内していただいた。旅館としての創業は江戸前期とのことで大変な老舗だが、詳しい年次は不明とのこと。奥に続く棟は創業当時のものではないにせよ相当古いと思われ、急な階段を昇った両側には建てられた時そのままのという部屋が残させていた。入浴中の先客が使っているようで廊下から簡単に撮影するにとどめたが、欄間や黒光りする柱・天井など年月を経過しないと出ない風合いを感じさせた。


夕食は1階の座敷でいただいた。少し遅れて女将の息子さんと30歳くらいの男性が食事を始めた。先客と思ったのは女将のお孫さん(女将の息子さんの甥)なのだった。客には表側の新しい客室をあてることにしているのだろう。それなら事前にできるだけ古い部屋を所望すればよかったかと。


客は私一人で、女将さんも交えて会話を交わしていると、民宿の感じしかしなかった。料理は女将さんひとりでやられているようで、まだまだ健在のようであった。豪勢さはないもののいかにも手作り感に溢れていて、この旅館にふさわしい料理内容と感じた。


翌朝は朝食前に一通り町並を散策し、食事後に部屋から路地を見下ろすと、務めや学校に向う人たちが動き出し、活きた町との印象を強めた。

2020.10.04宿泊)


宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14501252.jpg

河内屋旅館の外観



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_15045586.jpg

玄関から見た様子



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14543832.jpg



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14535079.jpg

泊った部屋の様子



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14551394.jpg



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14551056.jpg

奥の棟にある創業当初のままと云われる部屋



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14552122.jpg

奥の部屋につながる階段 相当に年季の入ったものだ



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14553105.jpg

食事はこの部屋でいただいた



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14553363.jpg

朝食 全て女将が材料から手づくりしたものだった



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14585114.jpg



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14585421.jpg

泊った部屋にもこのような古い意匠が見られる 衣桁にある鶴の絵



宿場町の時代から続く老舗-智頭町・河内屋旅館_a0385880_14590708.jpg


# by mago_emon3000 | 2020-11-01 15:09 | 山陰の郷愁宿 | Comments(0)