人気ブログランキング |

地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯

倉吉とその周辺には少し前、数年にわたって時々出張で泊ることがあり、その機会を利用して古い旅館や温泉旅館に泊ることもあった。倉吉の古い町並も歩いたが、そんな中で町並の中にあるレトロな銭湯「大社湯」のことを知った。
2016年秋に発生した地震により建物の一部が破損し休業中だったが、再開したという情報を聞いてこれはぜひ訪ねなくてはと思い、近くの旅館に到着後早速訪ねてみた。
大正湯の建物はとても地味で、なるほどこれまで気づくこともなかったわけである。このような銭湯が現役で、しかも地震の被害を経ても復活しているとは今やとても珍しくまた頼もしい例ではないだろうか。
入口の扉を開けるといかにも昔ながらの銭湯の風景があり、叔母さんが一人で守をしておられた。脱衣所には木製ロッカーや年代物の体重計、板張りの床。私は子供の頃も銭湯経験はほとんどないが、懐かしく落着くと感じるのはなぜだろう。
相客は地元の方らしい年配客が一人だけであったが、途中から出張族らしい青年群が5・6名入ってきた。ファンの間では結構有名な銭湯らしく、彼らも情報を得、入りに来たのだろう。そのせいで内部は撮影できなかったがかけ湯用の湯溜まりと複数の浴槽がある少々凝った造りで、印象に残る入浴体験であった。
古い町並の中にあることで一層その存在価値は高いものがあると思う。ここ最近倉吉に出張の機会がないがまた訪ねてみたいものである。
(2017.06.26訪問)

地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22093285.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22093622.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22092157.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22094189.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22094654.jpg




by mago_emon3000 | 2020-03-26 22:10 | 山陰の浴場 | Comments(0)

薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉


栃木県と福島県会津地方への探訪を計画するにあたり、那須・矢板周辺に宿泊するのが行程上好都合で、この付近の旅館を調べていたところ、矢板市の郊外にいくつか「鉱泉」と名付けられた宿泊施設や入浴施設があるようで興味を持った。その一つ寺山鉱泉を予約しておいた。
市街地から西に外れ田園の中の一本道を延々と進むと、山に突き当たるようなところに宿はあった。携帯電波も満足に届かないようなところだったが、山峡の奥地というよりは明るい谷間といった立地である。
建物は立派な二階建で、それほど古いものではないようだが温泉自体は寺山観音寺の霊湯として160年の歴史があるという。
2つの浴室は男湯・女湯というわけではなく、客が任意に貸し切りとして利用できるようになっている。お陰で夕食前そして朝と2回貸切り湯を満喫できた。外では鳥のさえずりや渓流の音が聞こえてくる。さらに趣深いのが薪で源泉を沸かしているため、浴室に微かに漂うスモーク臭だ。湯は2つの浴室共通で、浴槽に入ると一部がつながっているのがわかる。鉄分を含むため沸かすと茶褐色となることも効能が一層期待できそうに感じた。
食事も地物にこだわり、また自家栽培の有機野菜等を使い、健康的な献立であった。このあたりは大型旅館には真似ができないだろう。ただし、量的には私もやや物足りなさを覚えたので、若い人は少ないと感じることだろう。
宿滞在中はネット環境からも離れ、ゆったりとした一晩を過ごすことができた。
(2019.04.28宿泊)


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15463965.jpg
寺山鉱泉の外観


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464431.jpg



薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464824.jpg


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15480186.jpg

狭い隠れ家のような浴室


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15463627.jpg

地のものにこだわった夕食



薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464689.jpg
朝食



薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464121.jpg
浴室の外には大量の薪が積まれていた




薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15465481.jpg

旅館の周囲は春の芽吹きが盛んだった

(2019.04.28宿泊)



by mago_emon3000 | 2020-03-21 15:56 | 関東・信越の郷愁宿 | Comments(0)

徳山郊外・湯野温泉―改装中だった民宿若武

新社会人の頃住んでいた徳山の郊外にある湯野温泉。
素朴な民宿的旅館もあり日帰り入浴も受け付けているという情報を得た。近隣の町並・集落探訪を兼ねて訪ねてみようと企画した。工業都市徳山の奥座敷ともいう位置にあり、団体客も受け入れる規模の旅館もあって日帰り客で賑わっていた。しかし、目的の若武旅館はそれらとは少し離れた町並の中心に民家のような佇まいで小さな看板を掲げていた。
訪ねた時玄関の鍵が閉まっており、今日は休業なのかなと思ったが、ふと思いなおして電話してみるとやっているとのことで「今から湯を入れておくから」とのこと。
旅館というより民宿の佇まいで、玄関正面に3つの浴室が並んでおり、それぞれ昭和時代の家庭の風呂を思わせるような造りであった。しかし段々と湯が張られるのを待っているうちに湯気とともにかすかな硫黄の香が漂い、女将さんによると大型旅館と違って源泉そのままなので湯質はよいと。
入浴していると昔懐かしい我が家の風呂に入っているような安心感を覚えた。
二階には客室があり宿泊客も受けるが、訪ねた時は改装工事中とのことで日帰り客のみを受け入れているとのことであった。零細な温泉宿は知らないうちに閉じてしまう例が多く、事実この旅館の近辺には廃業した宿の姿も散見されただけに、頼もしさを感じながら後にした。
あれから1年、宿泊客の受け入れも再開されているだろうか。女将さんの飾らなさも印象に残ったから、いつか今度は泊まりに行きたいと思われる旅館であった。
(2019.03.19訪問)

徳山郊外・湯野温泉―改装中だった民宿若武_a0385880_21491331.jpg
湯野温泉の町並



徳山郊外・湯野温泉―改装中だった民宿若武_a0385880_21491668.jpg
温泉街というより住宅地の一角といったところにある若武旅館



徳山郊外・湯野温泉―改装中だった民宿若武_a0385880_21524349.jpg
玄関をあがるとすぐ3つの浴室が並んでいる




徳山郊外・湯野温泉―改装中だった民宿若武_a0385880_21543753.jpg




徳山郊外・湯野温泉―改装中だった民宿若武_a0385880_21504869.jpg
タイル張りの素朴な浴槽 客がある都度湯を入れるので新鮮な湯に入ることができる



徳山郊外・湯野温泉―改装中だった民宿若武_a0385880_21505159.jpg



by mago_emon3000 | 2020-03-14 22:00 | 山陽の浴場 | Comments(0)

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘

下北半島の津軽海峡側から少し山間部に入った位置にある薬研温泉。渓流沿いに数棟の旅館があるだけの静かなところで、恐山観光の拠点にと泊る客が多い。
半島の集落探訪に若干観光要素を加えようとすると2泊は必要ということで、1泊はホテルにしたがもう一泊は温泉旅館にと思い、薬研荘という宿を予約しておいた。冬季休業で4月下旬からの再開とのことで、まだ再開間もない時期での宿泊である。半島山間部はさすがに春の訪れが遅いのだろう。

さてその薬研荘に着いてみると外見はとても地味で、民宿としか思えないたたずまいだ。しかし近くに大型のビル旅館が廃墟をさらしている中で、当日は満室だった。

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18120563.jpg


この旅館が人気なのは、食事が素晴らしいからだということを耳にしていた。
一浴後出てきた食事の画像だが、写っている夕食の品々の中で、山菜やキノコ類は全て女将自らが周囲の山々で採取してきたものだという。
例を挙げるとカタクリと海苔の和え物、山菜・キノコ10品の小鍋。付け加えると刺身もとても新鮮で、マグロなど醤油に浸すと脂が染み出すほど乗っていた。
一般的な旅館の料理の献立は、地物と云っても一部に盛り込むのが精一杯で、会席料理風の一通り感を出すべく努力した結果、結局はある程度同じような献立になってしまいがちだ。そんな中で、新鮮な地物にこだわり貫くこの宿の姿勢は恐れ入る。
冬季休業なのも、もしかすると気候のことだけでなく特に新鮮な山菜類が入手できないからではないかとも思った。

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18121559.jpg



後で知ったが全国紙も取材に訪ねたことがあるようで、「薬研温泉のカモシカ女将」とも称されている、ちょっとした名物女将なのだそうだ。
これを大型旅館でやったらどうか。山菜類の採取には人を雇い相当な人件費を計上し、宿泊費は高騰するだろう。ちなみにこの旅館の宿泊費は1万円未満。

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18134715.jpg

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18130859.jpg

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18133730.jpg

最近はネットの口コミもあって、事前情報を随分詳しく得ることも可能になったが、やはり実際泊ってみないとわからない事も多い。
その辺りが、当たり外れということになるわけだが、この旅館は相当な当たりだった。
旅館はややもすると宣伝や建物の外観・設備に良い印象を得ようと注力し、実際が伴っていないことが少なくない。しかしこの旅館は、逆に良い方に騙されるわけである。
むろん、温泉も肌触りの良い湯で、癖がないだけに何度も満喫した。
(2018.4.30宿泊)

by mago_emon3000 | 2020-03-01 20:05 | 北海道・東北の郷愁宿 | Comments(0)