人気ブログランキング |

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館

川内市内から北に10kmほどにある川内高城温泉は、温泉地の多さでは屈指の鹿児島県にあって、とりわけ風情ある温泉街を残していると紹介されているのを見た。全く知らなかった温泉場である。
中でも佇まいに風情を感じる「梅屋旅館」を予約しておいた。温泉街のほぼ中心に位置し、正面壁に赤く記された屋号がまた良い味を醸している。建物は築120年とのこと。
訪ねた当初は日帰り客で温泉街は意外と賑わっており、鄙びたというのとはやや印象が異なっていたものの、日が落ちるにつれ客の出入りも少なくなり、家並の軒下には灯がともされ、そこから先の風情は宿泊者の特権といえるだろう。それを味わうには最適の宿といえる。

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14120697.jpg
川内高城温泉の町並 右が梅屋旅館


小ぶりな宿だが奥行は意外と深く、玄関から細長い廊下を辿ると左側に浴室がある。2階に上がると5・6部屋は客室があった。案内された部屋は6畳ほどでコタツが置かれ、物干し用のロープもあるなど長期宿泊・湯治向きの仕様だ。一角には炊事場もあるが、女将さんによると今では湯治客は少なく、1泊のみの個人客がほとんどとのこと。しかし大きな冷蔵庫が何台もあり、少し歩いたところには商店もあって食料も仕入れることができ、逗留するには全く不自由しない。当日は他に若い男性の客があるだけだった。
館内を少し歩くと、そのほかにも現在は使われていない様子だが客室があって50人くらいは泊まれると思われた。そして驚いたのが一階奥にあった大広間だ。緞帳が掛かった立派な舞台もあって、宴会や催しが行われていたのだろう。そういえば私の泊った部屋は二間続きを仕切ったものらしく、隣に回ると立派な欄間が残っているのが見えた。かつては団体客や上客の泊りもあったのかもしれない。

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14145375.jpg
玄関の様子

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14142937.jpg

深い奥行きを感じさせる長い廊下 左に浴室 階段を上ると客室がある

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14123969.jpg

泊った部屋

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14125333.jpg

隣の部屋には立派な欄間があった

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14130770.jpg

大広間


浴室は4~5人定員といったところで、この手の旅館ではこんなシンプルな造りが好ましい。滑らかな肌触りと軽い硫黄の香のする良い湯であった。
日帰り客は入れ替わり訪れ、女将さんに軽く声をかけるだけで入りそのまま後にする姿もあった。宿泊客より常連客を中心とした日帰り客が主体で、この宿を底支えしているように感じた。
夕方と早朝の2回入ったが、朝は6時からということで15分ほど過ぎて向かったところ、早くも3人ほどの先客が脱衣場で湯上りの様子だった。泊り客ではないようで、一番風呂に来るのを習慣にしている地元の人のようだった。
(2020.01.03宿泊)

谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14131192.jpg
谷あいの小さな温泉街にある湯治的宿―川内高城温泉・梅屋旅館_a0385880_14133501.jpg
浴室と温泉の成分表 昭和35年の文字が見える



by mago_emon3000 | 2020-02-02 16:03 | 九州の郷愁宿 | Comments(0)

一人客も大切にする名女将の旅館-人吉旅館

人吉は球磨川沿いに構えられた城のもとに開かれた城下町であり、私にとっては球磨焼酎も魅力的なところである。また温泉地でもあり魅力的な温泉旅館、共同浴場も多数あるところである。
球磨川の流れに接するところにある人吉旅館(昭和9年創業)。温泉地としてはそれほど古くはないがその中では老舗で登録有形文化財に指定されている。
建物内は木質感が高く、意匠の隅々に気品が感じられしかも長年の清掃や手入れにより深い光沢を放っている。これは経年による貫禄といえ、高級旅館と銘打っても築年数が浅くてはかもし出せないものである。宿泊費も高額ではなく、比較的手軽に泊る事ができるのも魅力だ。
魅力はこれだけではなかった。一人客の私にも夕食の一品一品について女将による直々の説明があった。まあ当日は宿泊客が少なかったからかもしれないが、この旅館には鮎釣をする客が何連泊もするなどとも聞き、一人客・個人客を大事にする宿であるのを感じた。
私がこの旅館に泊ることになったきっかけは、翌日に予定されていた県内の会合に先立ってせっかくだからどこか良さそうな旅館に前泊してから参加できないかなと探して選んだものだったが、まさにそれに相応しい宿泊となったのを感じた。
人吉を訪ねるなら、ここに泊ってほしいとお勧めしたい。
大浴場は朝夕とも独泉状態だった。夕方には市街地の片隅にあるレトロ感溢れる共同浴場にも入ったので、肌触りの良い人吉の湯に入り浸った訪問でもあった。
(2017.06.09宿泊)

一人客も大切にする名女将の旅館-人吉旅館_a0385880_20243676.jpg

一人客も大切にする名女将の旅館-人吉旅館_a0385880_20131589.jpg

一人客も大切にする名女将の旅館-人吉旅館_a0385880_20180984.jpg

一人客も大切にする名女将の旅館-人吉旅館_a0385880_20133747.jpg

一人客も大切にする名女将の旅館-人吉旅館_a0385880_20134515.jpg

by mago_emon3000 | 2019-09-16 20:20 | 九州の郷愁宿 | Comments(0)