人気ブログランキング |

津山・旅館お多福

津山市周辺へ出張ということで、そういえば市内には結構古い旅館があったと思い色々調べていると、素泊り5000円前後で気軽に泊まれる旅館が数軒あった。その中で伝統的構えでこじんまりした「お多福」という旅館を2泊予約した。
当日訪ねると、以前は周辺にも数軒の旅館が並んでいた界隈だったが、営業されているのはこの「お多福」だけになっているようだ。当日は花火大会の開催日だったからか、他に5・6名ほどのアジア系旅行者グループの客があった。
宿は昭和3年創業とのこと。旅館名が毛筆体で記されたガラス戸を開けると、柱時計に屏風絵、水墨画の掛け軸などいかにも古い旅館の玄関といった光景に迎えられる。「津山第七號 料理屋」との木製標識もある。廊下の古い鏡には「麺類御料理 お多福」との文字もあった。今は素泊り中心のようだが、もとは料理旅館だったらしい。
案内されたのは2回のこじんまりした部屋で、畳も入れ替えられ清掃も行き届いており、このような姿勢には好感を抱く。玄関や共通のスペースは古い造作を表に出しながらも、客の過ごす箇所は新しくし快適に過ごせるようとの配慮だ。部屋は小さな中庭を囲んで配されているのも印象的だった。
後でネットで知ったことだが、この旅館には郷土の偉人の書や絵画などが多く保管されているとのことで、なるほど廊下などにも額縁や掛軸などがあちこちに見られ、それだけでも貴重性が高い。ご夫婦で経営されているようで、ぜひとも末永く続けてほしいものだ。
(2018.08.05宿泊)

津山・旅館お多福_a0385880_16441116.jpg
旅館お多福の外観


津山・旅館お多福_a0385880_16442319.jpg


津山・旅館お多福_a0385880_16455171.jpg
玄関をくぐると大きな柱時計がまず目につく 料理屋の標識や刀置きもある


津山・旅館お多福_a0385880_16455884.jpg


津山・旅館お多福_a0385880_16482742.jpg
部屋の様子


津山・旅館お多福_a0385880_16482991.jpg


津山・旅館お多福_a0385880_16483201.jpg
館内のあちこちに地元の偉人のものといわれる絵画や書が飾られていた


by mago_emon3000 | 2020-01-13 16:54 | 山陽の郷愁宿 | Comments(0)

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)

「ゑびすや荒木旅館」続いてはレトロさや個性に満ちた館内の様々な風景を。

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20062947.jpg
大広間の外廊下には電話室が 四番なのでかなり初期に電話が引かれた様子

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20063271.jpg


街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20065202.jpg
電話室には番号表も残る

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20081158.jpg
大広間の外廊下には応接室が


街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20175910.jpg

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20180958.jpg

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20183974.jpg
泊った部屋は最近リニューアルされたらしく古さは感じなかった 
しかし屋根は建築当時の屋久杉の板なのだそう


街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20212229.jpg

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(2)_a0385880_20182536.jpg
庭や玄関先には備前焼の置物が多く それぞれオリジナル作品で貴重品という


この旅館、なんとか現状を維持しつつ延命したいといった宿も多い中で意欲的な経営スタイルを感じた。まず私が泊った翌週から風呂場をリニューアルされる予定とのこと。
私などは単純に古いものが残っている方が満足なのだが、歴史の点描を残しつつ現代の客にも対応させるというのが、古い旅館が永らえるには必須のことと思う。
女将さんもまだまだお若い方なので、エネルギッシュに展開してもらいたい。今後が楽しみな旅館である。

by mago_emon3000 | 2019-09-23 20:33 | 山陽の郷愁宿 | Comments(0)

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)

備前市の中心街の一つ・片上地区は江戸時代山陽道が通り宿駅が設けられ、また海にも面するところで港が発達し、美作方面の物資もここから積み出されていた。
残念ながら町並からは余り歴史を感じることはできない状態で、旅館もほとんどが止められている。その中にあってこの「ゑびすや荒木旅館」は安政3(1856)創業、街道を行く客そして港から上下船する客、海運関係など多くの客を受入れてきた。
旅館の隣が更地となっており、鰻の寝床状の奥行深い敷地が確認できるが、正面から見るといかにも地味な外観で、普通の住宅のようである。しかし玄関を抜けると長い廊下が伸び、土蔵のある中庭、そして客室棟と続く。増改築を経ているのか複雑な構造となっており、むろん写真に全体像を収めることはできない。
客室棟の裏側には小さな玄関がある。そこにも屋号が記され、ここから訪ねてくる客もあるのだという。これは恐らく、港からの客を迎え入れていた名残なのだろう。事実今でこそ海岸線まで少し距離があるが、かつては裏手から海が近かったとのことだ。このことからも陸海双方の客を迎え入れていたことがわかる。

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)_a0385880_15401261.jpg
ゑびすや荒木旅館の正面玄関(旧山陽道側)

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)_a0385880_15403562.jpg
奥行が深く複雑な建て方となっている

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)_a0385880_15483942.jpg
土蔵のある中庭 玄関からはかなり奥に位置する

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)_a0385880_15485236.jpg
裏手の玄関 港からの客に対応か?

現在旅館は女将と大女将とで切り盛りされているようだ。旅館の古い時代のことを大女将から色々説明を受けている中で驚いたものの一つが、二階部の大広間で昭和の有名歌手による、今で言うディナーショーが行われたということだ。
この広間は現在に至っても様々な集まりなどでよく利用されているとのこと。たまたま近くにそのような施設が少ないからかもしれないが、それもこの旅館が営業を続けられている理由だろう。
料理屋としても需要が少なからずあるようだ。

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)_a0385880_15530169.jpg
二階の大広間 旅館の規模からしてもかなりの広さだ

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)_a0385880_15530320.jpg
舞台の隅のこのスペース 芸妓がここで三味線などを弾いていたという

街道港双方の客を受入れて-備前片上・ゑびすや荒木旅館(1)_a0385880_15530612.jpg

館内各所で歴史そして珍しさを感じるものはまだ沢山あるが、長くなるので一旦ここまでとしまた改めて掲載する。
(2019.07.13宿泊)

by mago_emon3000 | 2019-09-21 15:59 | 山陽の郷愁宿 | Comments(0)