人気ブログランキング |

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘

下北半島の津軽海峡側から少し山間部に入った位置にある薬研温泉。渓流沿いに数棟の旅館があるだけの静かなところで、恐山観光の拠点にと泊る客が多い。
半島の集落探訪に若干観光要素を加えようとすると2泊は必要ということで、1泊はホテルにしたがもう一泊は温泉旅館にと思い、薬研荘という宿を予約しておいた。冬季休業で4月下旬からの再開とのことで、まだ再開間もない時期での宿泊である。半島山間部はさすがに春の訪れが遅いのだろう。

さてその薬研荘に着いてみると外見はとても地味で、民宿としか思えないたたずまいだ。しかし近くに大型のビル旅館が廃墟をさらしている中で、当日は満室だった。

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18120563.jpg


この旅館が人気なのは、食事が素晴らしいからだということを耳にしていた。
一浴後出てきた食事の画像だが、写っている夕食の品々の中で、山菜やキノコ類は全て女将自らが周囲の山々で採取してきたものだという。
例を挙げるとカタクリと海苔の和え物、山菜・キノコ10品の小鍋。付け加えると刺身もとても新鮮で、マグロなど醤油に浸すと脂が染み出すほど乗っていた。
一般的な旅館の料理の献立は、地物と云っても一部に盛り込むのが精一杯で、会席料理風の一通り感を出すべく努力した結果、結局はある程度同じような献立になってしまいがちだ。そんな中で、新鮮な地物にこだわり貫くこの宿の姿勢は恐れ入る。
冬季休業なのも、もしかすると気候のことだけでなく特に新鮮な山菜類が入手できないからではないかとも思った。

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18121559.jpg



後で知ったが全国紙も取材に訪ねたことがあるようで、「薬研温泉のカモシカ女将」とも称されている、ちょっとした名物女将なのだそうだ。
これを大型旅館でやったらどうか。山菜類の採取には人を雇い相当な人件費を計上し、宿泊費は高騰するだろう。ちなみにこの旅館の宿泊費は1万円未満。

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18134715.jpg

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18130859.jpg

カモシカ女将の名物旅館―薬研温泉・薬研荘_a0385880_18133730.jpg

最近はネットの口コミもあって、事前情報を随分詳しく得ることも可能になったが、やはり実際泊ってみないとわからない事も多い。
その辺りが、当たり外れということになるわけだが、この旅館は相当な当たりだった。
旅館はややもすると宣伝や建物の外観・設備に良い印象を得ようと注力し、実際が伴っていないことが少なくない。しかしこの旅館は、逆に良い方に騙されるわけである。
むろん、温泉も肌触りの良い湯で、癖がないだけに何度も満喫した。
(2018.4.30宿泊)

by mago_emon3000 | 2020-03-01 20:05 | 北海道・東北の郷愁宿 | Comments(0)

老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル

会津若松市の東郊外の谷あいに展開する東山温泉街。近代的な大型旅館、見ごたえのある老舗旅館も見られるが全体にはどちらかというとやや寂れた雰囲気の漂う、静かな温泉地である。
東山ハイマートホテルと聞くと前者を連想しそうであるが、実際は昭和のビル型温泉旅館という印象であった。私にとってはこのほうが居心地がよいものである。湯も最も新鮮な源泉を引いているということで評判のようだ。2食付で1万円未満の安価な料金設定であったが、料理も決して悪くない。
この旅館で私がある意味最も郷愁を感じたのは、ご主人直筆と思われる各所の案内書きだ。各階の案内、浴室内にまである。さらに部屋のスイッチにも。親切心からのものだろうが、それを超えて老婆心という言葉を思い起す。そして私が泊った部屋では子供がTVのリモコンを川に投げてしまったのか、本体のボタンを押して操作してほしい旨のお願い書きも。
客によってはみっともないと感じる人もあろうし、設備の充実を求める方からすると不満も出るかもしれない。
しかし、細やかな手書きの数々にはご主人の人柄を見るようであり、少々滑稽に感じながらも心が穏やかになるようであった。
(2019.04.29宿泊)

老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル_a0385880_18004684.jpg
旅館玄関口(写し忘れのためネットより拝借)

老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル_a0385880_18013726.jpg
夕食の膳 川魚の造りなども

老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル_a0385880_18022012.jpg
温泉浴場への階段


老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル_a0385880_18021228.jpg

個性そしてレトロ感あふれる浴場内の案内

老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル_a0385880_18023761.jpg
源泉が投入されているため確かに熱く、有益な案内だ

老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル_a0385880_18022553.jpg

老婆心という言葉が浮かぶ昭和型ビル旅館-会津東山温泉・東山ハイマートホテル_a0385880_18021573.jpg

部屋のきめ細やかな案内


by mago_emon3000 | 2019-12-15 18:13 | 北海道・東北の郷愁宿 | Comments(0)

入浴していると外から町内放送が聞こえてきた-金田一温泉・仙養館

岩手県の最北端に位置する金田一温泉。温泉街は形成せず、旅館が散在するのみのやや寂しい温泉地である。
建物の外観としては風情を感じる要素は少ない、新しさはないがどちらかというと平凡な昭和的温泉旅館である。
春の連休時期とはいえ宿泊客は少なかった。しかし館内を見ると50人は収容できる舞台を持つ大広間もあるなど、以前は大いに需要があった旅館であったことを感じさせた。
円形の浴槽の大浴場は無人で、入っていると夕方の町内放送が音楽とともに聞こえてきた。なんとも郷愁を感じるひとときだった。
この旅館は数ヶ月も前から宿泊サイトよりネット予約し、その後早期に宿泊日の変更をしたのだが、それが旅館に伝わってなかったようで、切り盛りされているらしい年配女性は少しアタフタされていた。まあ食事の準備も含め、問題なかったようで事なきを得たが。何しろサイト運営側とこの旅館とはオンラインではなくFAXでのやり取りなのだそうで、不手際も起りがちなのだろう。
この様な旅館はそういうアナログ的な手続きが噛んでいることもあることを、今後は意識しておかなくてはならないと思った。
ついネットを使ってしまうが、このような旅館では選ぶ段階はネットでも実予約は直手したほうが良さそうである。
後日、女将さんから直筆(達筆)のおわびの葉書が届いた。
こういうのも、余り体験することのなさそうな貴重な体験だった。
(2018.04.28宿泊)

入浴していると外から町内放送が聞こえてきた-金田一温泉・仙養館_a0385880_22402666.jpg


入浴していると外から町内放送が聞こえてきた-金田一温泉・仙養館_a0385880_22410555.jpg
大宴会もできる大広間 豪華な緞帳のさがる舞台も

入浴していると外から町内放送が聞こえてきた-金田一温泉・仙養館_a0385880_22412530.jpg
円形の浴槽を持つ大浴場

入浴していると外から町内放送が聞こえてきた-金田一温泉・仙養館_a0385880_22404608.jpg


入浴していると外から町内放送が聞こえてきた-金田一温泉・仙養館_a0385880_22410087.jpg

by mago_emon3000 | 2019-09-04 22:46 | 北海道・東北の郷愁宿 | Comments(0)