人気ブログランキング |

地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯

倉吉とその周辺には少し前、数年にわたって時々出張で泊ることがあり、その機会を利用して古い旅館や温泉旅館に泊ることもあった。倉吉の古い町並も歩いたが、そんな中で町並の中にあるレトロな銭湯「大社湯」のことを知った。
2016年秋に発生した地震により建物の一部が破損し休業中だったが、再開したという情報を聞いてこれはぜひ訪ねなくてはと思い、近くの旅館に到着後早速訪ねてみた。
大正湯の建物はとても地味で、なるほどこれまで気づくこともなかったわけである。このような銭湯が現役で、しかも地震の被害を経ても復活しているとは今やとても珍しくまた頼もしい例ではないだろうか。
入口の扉を開けるといかにも昔ながらの銭湯の風景があり、叔母さんが一人で守をしておられた。脱衣所には木製ロッカーや年代物の体重計、板張りの床。私は子供の頃も銭湯経験はほとんどないが、懐かしく落着くと感じるのはなぜだろう。
相客は地元の方らしい年配客が一人だけであったが、途中から出張族らしい青年群が5・6名入ってきた。ファンの間では結構有名な銭湯らしく、彼らも情報を得、入りに来たのだろう。そのせいで内部は撮影できなかったがかけ湯用の湯溜まりと複数の浴槽がある少々凝った造りで、印象に残る入浴体験であった。
古い町並の中にあることで一層その存在価値は高いものがあると思う。ここ最近倉吉に出張の機会がないがまた訪ねてみたいものである。
(2017.06.26訪問)

地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22093285.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22093622.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22092157.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22094189.jpg


地震にも耐え復活した銭湯―倉吉・大社湯_a0385880_22094654.jpg




by mago_emon3000 | 2020-03-26 22:10 | 山陰の浴場 | Comments(0)

三瓶山南麓の共同浴場-鶴の湯

三瓶山の周辺には個性的な温泉場が意外と多くある。興味深く思っているのだがそれらを主目的に出かけようと思うと案外腰が重いものだ。しかし時折この近辺での仕事が入ることがあり、その時間の合間があれば、入ってみようではないかと探求心が湧く。今回は南麓にある志学地区にある共同浴場「鶴の湯」を訪ねてみた。
小さな商店も建ち並ぶ志学の町並の西端付近にあるこの浴場、券売機で入浴券を買い、受付が不在の場合は箱に入れて自由に入れるようになっている。私が入った時も無人で、誠におおらかなものである。
浴室は5・6人も入ると満員状態になるくらいの広さだろうか、いかにも共同浴場といった規模で、浴槽からは茶色く濁った湯があふれていた。源泉そのものが濁っているのではなく、鉄分が多く含まれるため空気に触れることによって赤褐色になる。口に含むと少し鉄錆味がする。加温しているとのことで、洗い場の傍らには源泉がそのままざぶざぶと桶に注入されており、こちらはぬる湯であった。なるほどもとは透明な湯だ。

浴槽内は腰掛ができるような段があって、それに委ねていると大変心地よく、思いがけず少々長湯をした。
私が入ったとき一人の地元の方らしい年配客、出た後には遠方からと思われる客を含め三々五々と。浴場内の写真は、たまたま客のない時を狙ってスマホで撮影したものであるため写りが悪い。

集落の東側にはこの鶴の湯と対をなすような名の共同浴場・亀の湯もある。こちらの方がレトロ感が満載というが、源泉が35度で夕方以降に加温されるとのことなので、時期と時間帯のこともあって鶴の湯を選んだが、今度は亀の湯の方に入ってみたいものである。
(2019.12.03訪問)
三瓶山南麓の共同浴場-鶴の湯_a0385880_22294565.jpg


三瓶山南麓の共同浴場-鶴の湯_a0385880_22301828.jpg
鶴の湯の外観と玄関 受付不在の時は券売機で求めた入浴券を箱に入れて入浴する


三瓶山南麓の共同浴場-鶴の湯_a0385880_22303954.jpg


三瓶山南麓の共同浴場-鶴の湯_a0385880_22304206.jpg
空気に触れると酸化する鉄錆色の湯 加温しない源泉(2枚目右上)は透明だ

三瓶山南麓の共同浴場-鶴の湯_a0385880_22295258.jpg
昔ながらの雰囲気の休憩室もある 今は使えない型のテレビは飾りか?


by mago_emon3000 | 2019-12-03 22:52 | 山陰の浴場 | Comments(0)

間欠冷泉のある珍しい温泉-木部谷温泉松乃湯

島根県南西端に位置する吉賀町旧柿木村地区。ここに珍しい間欠泉を持つ温泉があるという情報を得て訪ねた。
松乃湯という施設のみだが宿泊もできるようでその他にも入浴客用の休憩所や食堂もあるなど意外と本格的な施設だった。
温泉とはいえ源泉は冷泉で、茶色い湯で満たされており入浴者が自らボイラーのスイッチを操作して湯加減するという野趣あふれるもの。しかしお昼の時間帯だったとはいえ結構お客さんは途切れず、成分の強い湯は地元の方々に愛されているようだ。
この湯の源を辿ると、少し小高いところにその間欠泉がある。30分に1回程度、勢いよく冷泉が湧き上がるのだそうだ。間欠泉というと水蒸気の力による熱泉が普通だが、ここは豊富に含まれる炭酸ガスが噴出の動力になっているとのこと。浴場の湯が茶色いのは多くの鉄分を含むためで、空気に触れると鉄錆色に変化する。
しばらく待っていると1mほどの高さに吹き上がる間欠泉が始まった。むろん初めて見るものであった。ここに来ると温泉というのは地下の底知れぬエネルギーの成果であることを改めて知ることができる。
(2019.05.04訪問)

間欠冷泉のある珍しい温泉-木部谷温泉松乃湯_a0385880_23085239.jpg


間欠冷泉のある珍しい温泉-木部谷温泉松乃湯_a0385880_23091582.jpg
一軒宿の松乃湯。日帰り客が主体で訪問客が絶えない

間欠冷泉のある珍しい温泉-木部谷温泉松乃湯_a0385880_23102109.jpg

間欠冷泉のある珍しい温泉-木部谷温泉松乃湯_a0385880_23095777.jpg

間欠冷泉のある珍しい温泉-木部谷温泉松乃湯_a0385880_23100653.jpg
間欠泉からは定期的に勢い良く鉄分を多く含む源泉が噴出される

by mago_emon3000 | 2019-09-02 23:17 | 山陰の浴場 | Comments(0)