人気ブログランキング |

素朴な銭湯も今は昔-海南・芦原温泉

和歌山市の郊外、海南市にある芦原温泉。越前の有名な温泉郷とは異なり、零細な銭湯である。
この頃はまだ温泉や銭湯といったことに興味は薄く、その日は車中泊の予定だったのでどこかで風呂に入れないかと探して見つけたものだった。それにしても、鄙びた渋い所を探りあてたものである。
浴室には地元の年配客が一人だけで、そもそも銭湯など前回何時入ったか記憶にも薄く、久々の銭湯独特のルールに少々戸惑いを覚えた。
この記事を書くのにちょっと調べると、残念ながら廃業されているようだ。番台の叔母さんとも少し話を交わしたが、いつまで続けられるかわからないといったようなことを言われていたような気がする。
(2011.08.13訪問)

素朴な銭湯も今は昔-海南・芦原温泉_a0385880_21343151.jpg

素朴な銭湯も今は昔-海南・芦原温泉_a0385880_21352371.jpg

by mago_emon3000 | 2019-10-07 21:42 | 近畿の浴場 | Comments(0)

幅広い利用客で賑わう-京都船岡温泉

京都は学生時代過した町ではあるが、当時は今のように古い町並やレトロといったことにも関心が薄かったため、改めて訪ねると懐かしさと同時に発見することがとても多い。
見方が変われば新たな発見だらけである。その一つが銭湯の多さだ。私はマンション住まいであったので銭湯とは無縁であったし、関心外のことだったのだろう。
京都西陣地区の北部にある「船岡温泉」。その名の通り船岡山の南に位置するが住んでいたところから比較的近いにもかかわらず当時は存在を知らなかった。温泉とあるが実際は銭湯である。しかし登録有形文化財に指定された京都では有名な銭湯であることを最近知り訪ねてみることにした。
銭湯といえば、地元の年配者が三々五々と集まり世間話をしつつといった光景が連想されるが、この船岡温泉は随分趣が異なっていた。まず入浴者の年齢層が低い。親子連れのほか学生と思しき若者も少なくない。学生の多い町といえ、今やというか私の時代から既に風呂無しのアパートに住む学生は少なかった。あえててここの物珍しさにひかれに定期的に通うのを楽しみにしているのだろうか。
そのようなことで、寂れた感じが全く無かった。建物も昔ながらのというよりは豪華なもので、それだけでも見る価値のあるものである。
今後も折を見て京都を再訪することになるだろうが、主目的の傍らでよいから銭湯にも入ってみようかと思っている。
(2017.09.02訪問)

幅広い利用客で賑わう-京都船岡温泉_a0385880_22182220.jpg

幅広い利用客で賑わう-京都船岡温泉_a0385880_22182828.jpg

幅広い利用客で賑わう-京都船岡温泉_a0385880_22185597.jpg




by mago_emon3000 | 2019-09-29 22:20 | 近畿の浴場 | Comments(0)