人気ブログランキング | 話題のタグを見る

島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘


鹿児島県北西部、出水の市街から南に山中に分け入った位置に湯川内温泉という小さな温泉地がある。鹿児島の麓集落や甑島などを訪ねる探訪を企画した際、比較的日程に余裕があることから趣のある温泉旅館に泊ることにもこだわってみたいと思い、県内の旅館を3泊予約した。一軒宿の「かじか荘」はこの遠征での最後の宿であった。


日の短い折、暗い山道を延々登りやや心細さを覚える頃、宿の明かりがみえてきた。案外と若いご主人が迎え入れてくれた。この受付のある棟の二階部に伝統的な客室があると聞くが、今は使われていない由。離れた位置にある宿泊棟に案内された。最近内装は更新されたらしく見た目は古さを感じないが、建物自体は100年超ともいわれ、湯治場の雰囲気が濃厚に感じられる。この旅館は長期滞在の客も多く、自炊のための調理室もある。


この旅館そして温泉はファンには意外とよく知られているという。その理由のひとつは高い泉質といわれる。江戸中期に発見された温泉は島津家御用達の湯として、明治以降は一般にも開放され、現在の姿となる。かすかな硫黄を含む湯は解毒作用が高いといわれ、滑らかな柔らかい湯触りも人気が高い。


さらに温泉ファンの注目するところとなっているのが浴室の姿だ。斜面に沿い二ヶ所の浴室(小屋)があり、いずれも足元湧出の新鮮な湯が豊富に湧き出ている。底に敷かれた石の間から時折気泡を交えながら湧き出る感触は独特なもので、ぬる湯であることもあってつい長湯をしてしまう。

到着してすぐ、夜遅くそして翌朝と向かい、合計すると3時間程度も入浴していた。その内1回は大阪からご夫婦で来られたという客と温泉談義をし、なかなか新鮮なひとときだった。


情報によると、先年の大雨等により現在は宿泊を受け付けていないようで、ネットの情報などを見ると今後も日帰り入浴のみの営業になりそうだ。宿泊してじっくり入浴時間を稼ぎ味わう形の温泉場と思うので残念なことだ。

参考にはならないが、宿泊体験記のひとつとして記しておきたい。


2020.01.04宿泊)



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15542514.jpg

受付のある建物(母屋?) 左に宿泊棟がある



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15542231.jpg

宿泊棟



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15541081.jpg

客室は比較的簡素なつくり



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15540689.jpg

階段は建てられた当時そのものだろう



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15535283.jpg

上の湯




島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15534913.jpg

客室棟からすぐの位置にある下の湯



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15534296.jpg

下の湯と宿泊棟 左に母屋を望む



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15525243.jpg




島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15524534.jpg



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15523355.jpg
浴室 良質の源泉が足元から豊富に湧き出ている


島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15521849.jpg



島津家御用達だった温泉場は足元湧出の良質湯 -湯川内温泉・かじか荘_a0385880_15521463.jpg

温泉案内の看板 鹿児島の温泉番付では東の横綱とされている


by mago_emon3000 | 2021-10-02 16:02 | 九州の郷愁宿 | Comments(0)