人気ブログランキング |

薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉


栃木県と福島県会津地方への探訪を計画するにあたり、那須・矢板周辺に宿泊するのが行程上好都合で、この付近の旅館を調べていたところ、矢板市の郊外にいくつか「鉱泉」と名付けられた宿泊施設や入浴施設があるようで興味を持った。その一つ寺山鉱泉を予約しておいた。
市街地から西に外れ田園の中の一本道を延々と進むと、山に突き当たるようなところに宿はあった。携帯電波も満足に届かないようなところだったが、山峡の奥地というよりは明るい谷間といった立地である。
建物は立派な二階建で、それほど古いものではないようだが温泉自体は寺山観音寺の霊湯として160年の歴史があるという。
2つの浴室は男湯・女湯というわけではなく、客が任意に貸し切りとして利用できるようになっている。お陰で夕食前そして朝と2回貸切り湯を満喫できた。外では鳥のさえずりや渓流の音が聞こえてくる。さらに趣深いのが薪で源泉を沸かしているため、浴室に微かに漂うスモーク臭だ。湯は2つの浴室共通で、浴槽に入ると一部がつながっているのがわかる。鉄分を含むため沸かすと茶褐色となることも効能が一層期待できそうに感じた。
食事も地物にこだわり、また自家栽培の有機野菜等を使い、健康的な献立であった。このあたりは大型旅館には真似ができないだろう。ただし、量的には私もやや物足りなさを覚えたので、若い人は少ないと感じることだろう。
宿滞在中はネット環境からも離れ、ゆったりとした一晩を過ごすことができた。
(2019.04.28宿泊)


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15463965.jpg
寺山鉱泉の外観


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464431.jpg



薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464824.jpg


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15480186.jpg

狭い隠れ家のような浴室


薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15463627.jpg

地のものにこだわった夕食



薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464689.jpg
朝食



薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15464121.jpg
浴室の外には大量の薪が積まれていた




薪で冷泉を沸かす隠れ家的な宿―矢板・寺山鉱泉_a0385880_15465481.jpg

旅館の周囲は春の芽吹きが盛んだった

(2019.04.28宿泊)



by mago_emon3000 | 2020-03-21 15:56 | 関東・信越の郷愁宿 | Comments(0)