人気ブログランキング |

宮津の旧市街地に建つ木造三階旅館―茶六本館

「茶六本館」は京都府丹後地方の中心的な町のひとつ、宮津市の古い町並の中にある木造三階建の旅館だ。旅館の建物自身が古い町並景観に貢献していて、なおかつ格式を感じさせるたたずまいだ。
創業は享保年間というが、さすがに現在の建物は昭和に入って改築されたものとのこと。しかし宮津は「縞の財布が空になる」とも云われたほどの繁華な港町で、旅館も古くから多く存在したに違いない。
内部は期待からすると案外現代風に改装されており、私にとってはそれは不満要素にもなり得る。しかし、古さを活かしながら現代客に不満のないように整え、迎え入れているのは敬意に値しよう。当日の宿泊客はフランス人らしいグループ客、年配のご夫婦などであり、珍奇な客は私のみのようだった。
旅館は宮津温泉をも名乗っており、掘削したものだろうが浴感のある湯だった。しかし、かつては天橋立観光の客の多くはこの宮津市街に泊っていたというが、近年は橋立の周囲に大きな旅館が多数出来、古い市街地に泊まる客が少なくなって寂れてしまったと女将さんは言っておられた。
なお、外観は格式あるように見えるものの、宿泊料金はビジネスホテル並の手軽な値段で泊ることができる。
(2016.11.12宿泊)


宮津の旧市街地に建つ木造三階旅館―茶六本館_a0385880_23013466.jpg
木造三階の格式ある外観の茶六本館

宮津の旧市街地に建つ木造三階旅館―茶六本館_a0385880_23070267.jpg

宮津の旧市街地に建つ木造三階旅館―茶六本館_a0385880_23064292.jpg

宮津の旧市街地に建つ木造三階旅館―茶六本館_a0385880_23061848.jpg

宮津の旧市街地に建つ木造三階旅館―茶六本館_a0385880_23064828.jpg

宮津の旧市街地に建つ木造三階旅館―茶六本館_a0385880_23062125.jpg



by mago_emon3000 | 2020-02-17 23:16 | 近畿の郷愁宿 | Comments(0)