人気ブログランキング |

中山道に面する木造三階-望月・井出野屋旅館

旧中山道のうち、信濃路と呼ばれる区間は江戸方からは険しい碓氷峠越えを果たすと爽やかな高原地帯が続き、浅間山を右に望みながらの行軍であった。そうした行程の途中にあった旧望月宿。町並も往時を感じさせる趣のあるもので、昔ながらの旅館も何棟か残る。その中で木造三階の見応えある外観の「井出野屋旅館」に泊った。
三階建であるから宿場時代からのものではなく大正期の建物というが、一時は遊興街としても賑わったといわれ、この旅館も芸者が置かれていた時期もあったという。
当日は9月の連休時期でもあり他にも何組か宿泊客があり、5・6名ほどのグループもあったようだ。私は詳しくは知らないが、この旅館は映画の舞台として使われたことでも知られているようだ。そのことが客を呼び寄せ、現役の旅館であり続ける源なのかもしれない。
外観からすると一見新しそうにも見えるが、廊下や階段は静かに歩いてもミシミシと軋み音がする。
階段にはお子様が廊下を走ったりすることのないようにと注意書きがあった。このような宿が普通の頃は、廊下の足音や隣の部屋から子供の泣き声などがするのは特に何ともない光景であったのだろうが、やはり今ではそぐわないだろうし、このような宿を慈しんで泊まる客向きなのだろう。
食事も地物が厳選された大変満足感のあるもので、鯉料理(煮物や刺身)鹿刺、川魚の焼物や蕎麦などが盛られ、これで1万円未満で泊まれるのは大変満足感のあるものだった。
こういう宿に泊まっただけに、翌朝の散歩も格別だった。
(2018.09.23宿泊)

中山道に面する木造三階-望月・井出野屋旅館_a0385880_22262428.jpg
井出野屋旅館の外観


中山道に面する木造三階-望月・井出野屋旅館_a0385880_22292743.jpg



中山道に面する木造三階-望月・井出野屋旅館_a0385880_22285958.jpg



中山道に面する木造三階-望月・井出野屋旅館_a0385880_22281468.jpg

廊下や階段は清掃が行き届き 長年の使用で光沢を放っていた

中山道に面する木造三階-望月・井出野屋旅館_a0385880_22265159.jpg



中山道に面する木造三階-望月・井出野屋旅館_a0385880_22584545.jpg







by mago_emon3000 | 2019-11-22 23:22 | 関東・信越の郷愁宿 | Comments(0)