人気ブログランキング |

遍路の宿-御荘・山代屋旅館

愛媛県の最南端、御荘にある山代屋旅館。
大正元年創業とあるから100年は超えている古い旅館である。第四十番札所観自在寺にも程近く、客の8割は遍路客であるという。
建物は玄関のある棟に続き、別棟があるがそれぞれ二階部が客室になっているようだ。奥の棟の一階が広間と浴室になっており、食事はここで供され団体客にも対応した造りになっていた。
玄関周りは老舗旅館の風情を感じさせたが、奥の棟を中心にどちらかというと日本○○宿紀行とかいうシリーズに出てきそうな部類の、全体的に昭和を感じさせる雰囲気だった。
何やら窓の外から人影と話し声が聞こえると思い、細めに開けると外は物干し場だった。

遍路の宿-御荘・山代屋旅館_a0385880_21080776.jpg

遍路の宿-御荘・山代屋旅館_a0385880_21081900.jpg
山代屋旅館。二棟が連結した構造を呈し二階部が客室となっている

四国では遍路客のおかげでこのような旅館が生き残り易い側面があるに違いないが、72歳というご主人曰く後継者がなくいつまで続けられるかわからないとのこと。
玄関に旅行業登録証があったのでおやと思ったが、ご主人は広島で大手旅行会社の支店長を長年勤められていたとのことで、私もその業界に在籍したこともある身であるのでそうした面でも思わず話が弾んだ。退職後、実家の旅館経営を引継ぎ、旅行業も細々とやられている由。
このような旅館を敬遠される客も多いだろうが遍路客、常連客もいるようで、お客は途切れずある程度は繁盛しているようにも見えた。それなのに後継者がなく宿を閉じるしかないというのは、残念な限りである。
少しでも長く続いてほしいと思いながら後にした。
(2019.08.11宿泊)

遍路の宿-御荘・山代屋旅館_a0385880_21091661.jpg

遍路の宿-御荘・山代屋旅館_a0385880_21102267.jpg


by mago_emon3000 | 2019-09-01 21:14 | 四国の郷愁宿 | Comments(0)