人気ブログランキング |

元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」


石川県南部の海岸部、加賀市郊外にある橋立集落は、江戸期には蝦夷地と上方とを結んだ商船・北前船の船主が多く居住していたところで、伝統的建物とその歴史性から重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている。集落内には現在も多くの元船主邸宅があり、「蔵六園」など一般に公開されているものもある。そんな集落内の細い路地に沿って今夜の宿があった。これももと船主邸宅で築約140年という。22年前に「民宿北前船」として宿泊を受け付けるようになったそうだ。


玄関先だけ見るといかにも質素な構えだが、比較的奥行があり裏手には内蔵を構える造りとなっている。上るとすぐに20畳ほどの広間がある。半分は畳が敷かれているがもう半分は板の間となっている。この広間が北前船船主宅であった証のようなもので、ここで乗組員や関係者を歓待していたのだそうだ。畳と板の間の境付近には、宿を始める前に囲炉裏もあったという。


宿の叔母さん(民宿なのでこう呼ばせていただく)はここで生れたとのことだが、子供のころはその会合が頻繁にあったといい、深夜に及ぶことも多かったとのことだ。さすがに当時はもちろん北前船などなかったろうが、船を通した人付き合いは続いていた頃なのだろう。

この60代くらいの叔母さんともう少し年長の女性との2人で営まれているようだ。宿を始められても内外ともほとんど改築・改修することなく船主邸宅時代のままという。広間の奥には座敷が4部屋あり、向かって左奥の部屋が最も格式高いらしく床の間付きであった。小襖には凝った絵も描かれている。廊下には九谷焼関連の有名な方?の作という絵画が掲げられているのが目につく。印象的なのが一本物の立派な軒梁で、毛筆で書かれた紙が貼りつけられている。達筆すぎて読めないが、商談結果を記録したものか、あるいは単なる落書きか。


蟹料理など食事を提供されていたこともあったようだが、現在は素泊りのみで簡単な朝食セットが準備されていた。近くに店もないところなので、夕食は来る途中に大聖寺地区のスーパーで調達せざるをえなかったが、朝はそれをいただいた。当日は他に客はなく、広間を独り占めで、天井が高く太い梁組などを眺めながらの食事は優雅でもあり落ち着く気分であった。ただし翌朝は風が強く吹いており、廊下の戸などのガタ付く音が耳についた。泊った日は暖かい朝だったからよいが、冬場の宴会時は広間に4つも5つも暖房を置いておかないと寒くて堪えられぬのだそうだ。昔ながらの造りの上に隙間風もあるのだろう。


なお宿泊中、たびたび猫の姿を見かけた。裏手の内蔵でいつの間にか野良猫が子を産んでいて、そのうち一匹が棲みついたのだという。見慣れない私の姿を見て少し警戒しているようだったが、元野良猫とは思えない毛並の良さで、叔母さんたちが大事に育てられている様子がわかる。ただしまだ1歳の雄というだけありやんちゃらしく、油断すると座敷に入り込んで襖に爪を立てるなどするので開けておかないようにとお願いされた。

叔母さんのお話、そしてこの猫も相まって、いかにも民宿らしいほのぼのとした宿泊となった。

2021.03.27宿泊)



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13063947.jpg



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13064498.jpg



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13064818.jpg

宿の正面と外観 裏手に内蔵がある



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13074146.jpg

宴会が頻繁に行われていたという広間



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13082611.jpg

泊った部屋(4部屋ある座敷の一つ)の様子



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13090303.jpg




元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13090030.jpg

他の座敷 床の間を持つ部屋もあった



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13092925.jpg




元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13093602.jpg

廊下突き当りの壁には立派な絵画があった



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13094108.jpg

廊下の軒梁 毛筆で何やら書かれた紙が貼られていた



庭には船によって各地から運び込まれた石などがあるという



元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13103247.jpg

棲みついている猫


元北前船船主の邸宅に泊るー加賀市橋立「民宿北前船」_a0385880_13111464.jpg

橋立の町並(「蔵六園」付近)


# by mago_emon3000 | 2021-04-18 13:15 | 東海・北陸の郷愁宿 | Comments(0)

表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館


俵山温泉は長門市の外れ、山間部の狭い谷間に小さな温泉街が展開している。市内には大型旅館も多く華やかな雰囲気の湯本温泉があるが、そちらに比べるといかにも地味で不便なところにある。しかし泉質には定評があり、歴史も古く萩藩主もよく湯治に訪れていたといわれる。

細い街路に沿いひっそりと古びた中小旅館が並ぶ温泉街で、歓楽的な色は全くない。各旅館には内湯がなく、二つの共同湯を利用する。その点でも数少ない湯治場の雰囲気を残す温泉地といえよう。


泉屋旅館は温泉街の中心に位置し、温泉街の通りからは二階建ての小ぢんまりした印象である。しかし実態は三階建で、しかも通りからは見えぬ別棟まである。旅館街は斜面の中腹ともいえる場所にあり、谷側の旅館建物は斜面の下に石垣を積んでその上に建てられている。案内された部屋はその三階部(玄関からは二階)であったので、窓外は谷間の風景が大きく開け、中庭が見渡せた。


創業は江戸時代にさかのぼるというこの旅館は増改築を重ね現在の姿になったとのことで、三階建ての本棟一階部分が最も古く、別棟は比較的新しいとのこと。正面玄関から廊下を伝っていくと、下に降りる階段があるのに驚く。さらに本館と直角にL字型に建てられた別棟は谷底のもう一段低い地盤に建てられていることから、二階部に行くのに階段を下る必要があり、立体的な館内構造となっており何だか迷い込みそうである。

谷側から眺めると全容を確認することができるが、温泉街からは想像もできないような姿であった。また建物に近づくと、石垣上に建てられている様子や新旧館の佇まいがよく見え、工夫して建てられ大きくされた様子がよくわかる。


夕食前に旅館街の散策かたがた共同湯に向うと、日帰り客や運動部らしい学生グループなどで賑わっていた。泉屋旅館から幾棟か隔てた宿の玄関に多くの履物が見えたので、そこに泊っているのだろう。外湯形式の温泉街は出歩く宿泊客も多いはずだが、宿泊客は彼らを除けばわずかなようであった。夕食後日がすっかり暮れてから再度温泉街を歩くと、数人地元の方を見かけただけで各旅館の看板が煌々としているのが逆に寂しい雰囲気を感じる散歩となった。

2019.06.15宿泊)



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16350030.jpg

泉屋旅館(表玄関側より)



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16350603.jpg

玄関回り



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16360076.jpg


表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16361624.jpg

泊った部屋の様子 凝った造りも見られた



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16365303.jpg

部屋からの風景 中庭と別棟



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16362854.jpg

夕食は比較的簡素で湯治宿の食事といった風情



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16373916.jpg



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16374220.jpg

本館の廊下



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16380555.jpg




表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16380872.jpg

別棟に向う階段の踊り場のような場所 2階に向うのに階段を下りる構造



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16383312.jpg

別棟の廊下の様子



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16395224.jpg

別棟前の中庭から本館を見る



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16383727.jpg

別棟には耐火構造のようになっている部分も見られた



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16410645.jpg

石垣の上に建てられている本館の様子



表通りからは想像もできぬ木造三階建旅館-長門俵山温泉・泉屋旅館_a0385880_16420182.jpg

夕暮れの温泉街


# by mago_emon3000 | 2021-03-20 20:21 | 山陽の郷愁宿 | Comments(0)

三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館

大山隠岐国立公園の一角でもある三瓶山は火山であり、周囲には中小の温泉場が散在している。そのひとつ小屋原温泉というのが以前から気になっていたところ、この付近へ出張の間に程よい空き時間が生れたので、訪ねてみようと思い立った。温泉マニアの中ではなかなか有名なところらしく、検索すると結構な情報が出てくる。一番の特徴はその泉質で、強い炭酸泉という。

温泉は一軒宿の浴場を利用するらしい。その旅館は三瓶山の観光ルートとは外れた位置にあり、しかも谷間の落ち窪んだようなところにあるため私は存在を全く知らなかった。

この「熊谷旅館」は、建物の外見的にはどこか役所を思わせるようなやや殺風景なイメージである。昼時間のこと客の姿はなく、声をかけると奥から女将らしい女性が出てきて、1時間以内・500円ということで奥の浴室棟を案内される。この浴室棟は表の建物から続いているものの木造の年季が入ったもので、にわかに秘湯の雰囲気が漂ってくる。

小さな浴室が4つ並んでおり、いずれも貸し切りで利用するようだ。他の客はなかったので一通り浴室を見て、手前から2つ目に入ってみることにした。浴槽はコンクリート製の比較的新しいと思われるものもあったが、ここは析出物が分厚く堆積して古そうに感じたからだ。同じ棟の浴室なので新しい古いはないだろうが、聞くところによると泉質も微妙に違うとか。それぞれ小さな脱衣所があり、奥の浴室に向かう構造だ。

噂通り、浴槽に体を沈めると大量の泡が付着した。取っても取っても次々と生じてくる。湯を少し口に含むと、なんだか出汁のような複雑な味がしていかにも効能が高そうであった。湯はぬるめで、次の用件まで時間のあった私は1時間近く湯につかったり出たりして過ごした。湯が投じられるかすかな音がするだけで、出張先のささやかながらとても贅沢なひとときであった。廊下には古びた案内看板などもあり、茶色の析出物に彩られた浴室も相まって秘境感も濃く感じられた。

休日などはなかなかの賑わいと聞くが、いつまでも続いてほしいと思う一方、あまり有名にならないでもらいたいとの思いも同時に抱いた。

2018.10.29訪問)


三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19492006.jpg
熊谷旅館の外観


三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19510212.jpg
玄関から右奥に進むと浴室棟の廊下に出る


三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19511528.jpg


三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19512550.jpg
入湯した浴室の浴槽 析出物で大層な景観になっている


三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19513072.jpg

常時新鮮な湯が投じられている



三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19515506.jpg

他の浴室の様子



三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19524349.jpg



三瓶高原の片隅に沸く濃厚な炭酸の湯-小屋原温泉・熊谷旅館_a0385880_19524505.jpg

廊下には昔ながらの注意書が残されており歴史を感じさせる


# by mago_emon3000 | 2021-03-06 20:08 | 山陰の浴場 | Comments(0)

七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館


重要伝統的建造物群保存地区として重厚な古い町並の残る美濃の町。川港を中心として産業商業が発達し、うだつの町並としても有名だ。

商家町の只中で河港へ通じる道筋にも沿ったところに「岡専旅館」がある。この町を初めて歩いたのは2001年で、まだ古い旅館にはあまり興味のない時分でありながら、うだつの連続する通りからふと横道にこの旅館の見える風景は印象深いものがあった。写真も複数撮影しており、それ以来ここを訪ねた時には泊りたいと思うようになった。

その後、残念ながら旅館業は休業しているとの情報を得て半ば諦めていたところ、毎年恒例の同志との会合の開催地として岡専旅館の名が挙がってきた。何でも最近になって営業再開に向けて準備しているのだという。古い旅館は一旦休業となると、そのままになってしまうパターンがほとんどと思い泊る機会は訪れないと思っていたが、朗報である。


そして当日。

実際玄関を潜って入ってみると通りから見るだけでは想像できない様々な姿を見ることができた。本うだつの上がった屋根をもつ表の建物から入ると、玄関周りは意外にも現代風な感じになっていた。昭和初期に改装されたといい、傍らの座敷は応接間的な一室か。一般的な旅館ではそこで客室のある座敷に上がるのだが、岡専旅館は一旦建物を突き抜け中庭のような場所に出、右手にある客室棟に入る構造になっていた。

そこからでもかなりの奥行きがある敷地である。

客室は中庭に面した廊下に沿って縦列に並び、階段を上った二階部分にも客室があった。室内のしつらえからすると、二階の部屋の方がやや格式高い印象である。

旅館の切り盛りは七代目という女将一人でされているように見えた。まだ営業再開も就任されても間もないためか、6人もの客はやや負担が大きいかにも見えた。しかし旅館の成り立ちなどの説明を受けて、長く続けていこうとされる強い熱意が端々に感じられた。

女将の説明によると江戸時代末期頃から塩問屋をされていたといい、中庭を挟んだ土蔵等の建屋は使用人が起居していたところなのだという。ほかに土蔵などもあり、建物全体のたたずまいは旅館というより商家といった印象であった。

食事は朝食のみであったが、それが一品一品手作りのもので予定時間より少し遅くなったことをしきりに恐縮されていたが、この朝食だけでも女将さんの人柄が垣間見えるような気がした。


この旅館の一番の魅力は何かと思うと、原形がよく保たれていて現代風に改築された様子がまるでないところだろう。再開して間もないからか一部使われていない所もあるようだった。今後老舗旅館として軌道に乗ったとしても、外向きの改装はせずに居てほしいと感じた。そして何より、奮闘される女将の存在である。宿泊から1年半以上になるが、ネットでは泊ったという情報を時折目にし、その度に姿が思い浮かんでくるようだ。

また機会を見つけ泊ってみたいものである。

2019.05.25宿泊)


七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18093841.jpg

岡専旅館の正面風景


七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18103570.jpg



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18105358.jpg

玄関回りの風景 



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18113807.jpg

中庭からの風景



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18121267.jpg

中庭と宿泊棟



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18121714.jpg

宿泊棟の廊下



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18124885.jpg

急峻な階段 建築当時そのままのようだ



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18131042.jpg

二階から中庭越しの風景 正面は塩問屋の名残とのこと



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18140797.jpg

泊った部屋の一つ



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18144965.jpg



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18143382.jpg

床の間の意匠



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18151470.jpg

屋根はほぼ原形のままのようだ 



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18164996.jpg

このような光景も



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18171093.jpg

朝食時の風景 このほか手作りの献立が並んだ



七代目女将で再出発-美濃市・岡専旅館_a0385880_18174105.jpg


# by mago_emon3000 | 2021-02-21 18:23 | 東海・北陸の郷愁宿 | Comments(0)

炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋


虹の松原に海岸線が縁どられ、松浦川河口を挟んで城跡を望む唐津の町。城下町として発展したこの町は古い町並が残り、著名人の邸宅、老舗旅館など歴史を感じる建物も多い。

松浦川河口近くの左岸側に旅館・綿屋がある。明治9年に今とは別の場所で料亭として創業し、昭和8年に現在の建物で旅館として開業している。

この建物はもともと炭鉱主であった田代氏の別邸として明治後期に建てられたものであり、本館と洋館は登録有形文化財となっている。

泊ったのはその洋館部分であった。田代氏別邸時代の名残を伝えるもので、玄関に向って右側、角屋のようなこじんまりした続棟となっており、屋根は同じ瓦葺きであるが下見板張り調の洋風の外観となっている。今は閉ざされているが側面に扉があり、客人はそこから通されていたのだという。

洋室は面積23m2で、一般的なホテルの部屋よりはかなり広い。賓客を迎え入れた間だけあって、例えばドアや窓の取り付け部の設え一つとっても、何度もカンナ掛けされ時間と手間をかけて造られたことがわかる。伝統的旅館の中にあって、建物本来の歴史を物語るこの部屋に泊ることもひときわ味わい深いものがある。




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16001338.jpg

綿屋旅館の玄関を望む 右に少し見えるのが洋館部分




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16002028.jpg

専用の扉(現在は閉鎖)のある洋館部分




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16005535.jpg

玄関回りの様子




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16020826.jpg





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16021339.jpg



炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16021657.jpg

洋館の内部





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16022276.jpg

洋館の窓周りの意匠





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16053192.jpg




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16053580.jpg

本館館内の様子



この綿屋旅館は温泉旅館を名乗っている。湧出しているのではなく掘り当てたものではあるが、洋室の真向かいに露天風呂の入口があり、夕刻を迎え薄暗くなる外の風景を眺めながら贅沢な気分であった。本館の客室奥には男女別の浴場もあり、翌朝そちらに入ると唐津城を眺めることもできた。

夕食は部屋食で、この格式ある洋室での部屋食というのもまた一風変わった趣で、優雅な時間であった。呼子産の烏賊シューマイ、佐賀牛の陶板焼きなどを地酒とともにいただくことができ、質量的にも満足だった。

和室は意匠も部屋ごとに異なるという。申し込めば見せてもらえたとは思うが、他の客もあり、また施錠もされているようだったので内部の見学は遠慮した。また泊る機会があれば、今度は和室に宿泊したいものである。

2021.01.03宿泊)




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16055474.jpg

露天風呂





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16061898.jpg




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16062282.jpg

夕食の献立の一部





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16063910.jpg

本館二階から見た玄関先の風景





炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16065482.jpg

松浦川対岸から見た綿屋旅館




炭鉱主の別邸を譲り受けた登録文化財の宿―唐津・旅館綿屋_a0385880_16065740.jpg


# by mago_emon3000 | 2021-01-31 16:14 | 九州の郷愁宿 | Comments(0)